ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

千葉はよいとこ花の美術館へ行ってきました
とても花がきれいでした。
img087.jpg

img095.jpg

img092.jpg

img103.jpg

img104.jpg

私の大好きなエリカの花が咲いていました。

スポンサーサイト

PageTop

三蔵法師

img082.jpg


この間 東京の門前仲町のお寺でお釈迦様のおまつりがありました。
丁度通りかかって見ることが出来ました。
img081.jpg

西遊記のモデルとして知られている玄奘三蔵(三蔵法師)は664年2月5日に亡くなっています。
三蔵法師は仏教を学びますが,諸師の教えがまちまちでどれが正しいのか分からなくなりました、それでは インドへ行って仏教の原典をとってきて、翻訳するしかないと考えました。

当時はインドへ行くことは、至難の業だったようで、 従者の大半は
激しい旅中でなく亡くなってしまいました。

西遊記に出ているあのような人だけが生き残って、三蔵法師と一緒に
中国へ帰って来たのでしょうね。と想像します。
img080.jpg

PageTop

img079.jpg


東京のデパートでいろいろなパンフレットを置いてあるのを持ってきました。
何枚かの一枚が私は気に入ってしまいました。
鈴木さんという人の絵ですが、この方はどういう人か分かりませんので
調べてみたいと思います。
主催は 身延町なかとみ現代工芸美術館とありました。(山梨県)

遠くに見えるのは桜でしようか、 この景色は美しいですね。

以前、会津に旅行したときです、会津の景色も美しい、山桜が美しく、観光バスから遠くに見える桜が何ともいえない、美しさでした。
私はうっとりとして眺めていました、 そのときです ガイドさんが、
あちらに 見えますのは、乳母桜ですと、笑いながら説明しました。

私の前の席は男の人が座っていました、
その、男の人が、急に 「ガイドさーん 後ろにいる 女の人、あれと同じ
ですねー」と遠くの桜を指さしました。
にこやかな、ガイドさんが、急に恐い顔になり
「お客さん 女性にそう言うことは、口がさけても言うものではありません」
と凄みのある声でにらみながら言いました。
その男の人は下を向いて小さくなってしまいました。

その思い出というか、変な思い出でした。

乳母桜は英語ではどういうふうに言うのか調べてみました。ありました。

a faded beauty. 色あせた しおれた とか でていました。

私はこれでは情けないと思いまして、 自分流の訳で

老いても まだまだ 美しい と訳しました。

PageTop

戸籍の大切さ

今日ニュース、芸能ニュースネットからの文字が見えづらい、目がうるんでしまった。

高田&向井ご夫妻の出生届不受理とある。
実の親子関係が認められないとあるが、 私はこれはおかしい。

この裁判は愛がないと思いました。
素人考えですが、戸籍というものは非常に大切なことです。
その人の人生が変わります。

もし、親が亡くなった場合
親でないと思っても、親がなくなった後、やはり本当の親であると
思えるのが、戸籍です。
本当の親子でなくても,戸籍にのっていれば本当の親子と同じです。

戸籍は相続だけであはりません。がっちりと組まれた親子の愛が感じられると思います。

高田&向井ご夫妻の場合
私は養子縁組でも良いと考えます。
養子縁組ですと、アメリカの生んだ母親の名前がでます と、気にしていますが、それは、誰でもそう思います、何もかも正直にさらけ出したほうがよいと思います。
親子関係で、育つうえで、いろいろ悩みが出ると思いますが

それでも、最終的にお子さんの幸せとなると思います。

私も養女でした。
昔あることで、県庁の職員があなたは養女だから認めないといわれた
事がありました。

大急ぎで、町の図書館に行き、法律の本を調べました。

本には
養子、養女は 実子と同じ権利を持つ、とありました。


PageTop

グレース・ケリー公妃

img071.jpg


今月、モナコの公妃グレース・ケリー展が本店三越であります。

私は若いころから,大フアンでした。
どうしても、今回は見に行きたいと思います。

グレース・ケリー公妃は、フランスの自然療法者モーリス・メッセゲのハーブの愛好家と聞いていました。
はじめて、ハーブのお店に入ったとき、グレース公妃の写真が飾られて
いました。とても、印象的でした。

グレース公妃のお好きなハーブは、マローのブレンドハーブティ

このハーブは肌や・のどに良いというハーブで美容や健康に気を使っていたのでしょうか、お美しい方でした。




PageTop

気の確立

藤平光一先生 (合気道十段) の本を読んで
合気道・心身統一・気の原理の研究

藤平先生は、哲学者、中村天風、合気道の植草盛平の二人の師をもって気の研究をされた方です。

私はブログで二人の先生に出会いました。
気の弱い私は気が強くなりたいと思っていました。何とか良い教えは
ないものかと考えていました。

心身統一の、哲学者 中村天風先生によりますと、良いことを心に積極的に思っているとそうなると言います。
悪いことを思っていると良くはならないと言っています。

私はいつの間にか年をとって、晩年に差しかかってしまいましたが
やっと納得できる人に出会えたと思いました。

藤平先生は合気道の植草先生、中村先生の良いところを学びながら
ご自身でも独自の研究で編み出しています。
藤平先生の研究では、リラックスした方が気がでると云います。
下腹に力を入れずに、へその下10Cの位置に
先ず、天地の中心と考える、自分のへその一点を中心として、そこから
四方八方無限に考える、
力をぬいた状態でリラックスする。

何かおこったとき、落ち着けと言われてもどこか分からない。
落ち着く先は、体の最下部に落ち着かせると教えています。

私は怒ると頭の部分にすぐくるが、これからはおへその下10C下に落ち着かせようと思います。
また、呼吸法も良いといいます。
リラックスして気を補給して気を出すことが大切と教えます。

女性的な方法でアロマテラピーでも気を強くする方法があります。
以前学んだときのノートに書いてありました。
すっかり忘れていました。勉強不足でした。

気を強くする(アロマテラピー)

バジルandカルダモン・レモン の精油を使ってマッサージオイル作る

食事にも、バジルの葉をつかってバジルソースを作る。
レモン水を作る。
カルダモンは紅茶にふりかける人もいました。




PageTop

ラッコの仲良し



今,話題になったいる、ラッコの仲良しちゃん
人間はかわいい動物に癒されています。

日本でも、たまちゃんがみんなに人気でした。
たまちゃんはいまどうしているのでしょうか、
この世の中はとても すばらしいですね、

人間に動物がたのしみをあたえてくれます

神様のお恵みでしょう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。