ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

鶴太郎さん

img192.jpg

片岡鶴太郎さんの本を買いました。
禅語にエッセイを書いています。

それが文章も上手くひきつけられ感動いたしました、本のはじめに

●平常心是道 (へいじょうしんこれどう)
人生には近道はない

鶴太郎さんは絵や書をかいているうちに良寛さんの詩に心をひかれるようになったという。
私は良寛さんは子供と遊んでいるお坊さんかと思っていましたが実は
大変偉い人と最近気づきました。
短期決戦、一攫千金に頼ってはよくないということを教えているのではと鶴太郎さんは言う。

●一期一会(いちごいちえ)
今日の出会いは一度だけ

この書も色紙に書いてあるのをよく見かけます。
普段無症状にみていましたが、一度きりと観ると、何か胸にせまるものが有りますね、一回ぽっきりの出会いすばらしいものにしたいという。

私は以前アロマの教室に行っているとき、一時間早く教室にはいりましたので、はじまりをまっていると、先生の助手の女子大生の方がやはり
早く来て、私と同じテーブルに座りました、お弁当のことや、食事のことを話し合い、わたしはお料理が下手でなやんでいることを話しました
その方が「私の母もお料理は下手です、でもどんなに下手でも私は
母が大好きです、といいました。
なんて、すてきな娘さんでしょうと思いました。

きっと幸せな奥様になっていると思うのです。
もう一度会いたい人ですね、これも 一期一会 なのでしょう。

●日々是好日 (にちにちこれこうにち)
 どんな日でもいい日と受け取る

●拈華微笑 ( ねんげみしょう) 無言のままに伝わるもの)

鶴太郎さんは小学校のときにお母さんに悪態ついてしまったことを話しています。
お母さんがなに言うのと立ち上がったときです、安物のカーペットの縁にビオでとめてあったところがはづれて、お母さんが転倒してしまって背中が震えて泣いていたこと、キュント胸が締め付けられたと、思い出話をしている、

我家もカーペットにビオでとめたことがあったっけ。

この本で鶴太郎さんにたくさん教わりました。



スポンサーサイト

PageTop

頭の疲れを取る

我家では毎日ジュースをつくっています。
以前 栗山式症状別健康ジュースの本を買ってからです。

栗山健康食品のお店は東京高島屋にいった帰りに寄りました。
地下鉄日本橋駅の地下にあり抹茶のおそばや栄養ジュースなど飲んで
楽しみにしていました。
ある日いそいそとその店に行ってみましたら、閉店になっていました。

開店は心うきうき明るい気持ちになりますが、
閉店となると、なんとなく心さびしくなります。そして、がっかりして家にかへったことがあります。

現在、栗山健康食品はどうなっているかと思うのです。

栗山食品のジュースの一部

集中力を高める
集中力が無くなるとあくびがでます。
それはリン酸カルシュームの不足が原因
これを補って脳の疲れをとるのがこのジュースです。

材料 一人分
   卵白    一個分
   レモン   一個分  汁大さじ3
   はちみつ  大さじ1.5
作り方 
  卵白を泡立て器でよく泡たてる
  その中にレモン一個分を入れる
  よく混ぜてから四時間おく
  リン酸が分離するので、それから飲むと良い。
   頭の疲れがとれる。

PageTop

ポプリ

二日前でしたか、NHKBSでエリザベス一世の愛と陰謀の王宮を観ました。主演女優のヘレン・ミレンさんはエリザベス一世に似ていて、テレビを見ただけで、あの映画かとすぐに分かりました。
メッキャップが上手いのか、本人が似ているのか、
何しろ、この映画はすばらしい

以前エリザベスの登場する本を読んだことがあります。
この本はシエクスピアの生涯のことを友人のトビーという人が書いた本です。 その中にエリザベスが出ています。
トビーとは劇場に勤め始めからの親友です。

当時の俳優は小説や脚本を書かなければならない自分が描いた小説には
自分が出演しなければならないのです。

幸シエクスピアの小説は人気があり何時も劇場は満員でした。
エリザベス一世もフアンになりかわいがられたそうです。


シエクスピアは18歳のとき26歳の女性と結婚しました。

エリザベス一世のポプリを、教室に通っていて頃、つくったことがありますが、暫く作らないと忘れてしまいます。
この間の映画に刺激され、またつくって見たいと思いました

古いノートを出してみました

エリザベス一世朝ポプリ
ポプリの題名は 貴婦人の喜び  ヒュー・プラット卿;著

当時の貴婦人はこぞってこの本を手に入れたという
エリザベス一世は香料狂で知られている・

材料   1  バラ(あか/ピンク)    大さじ2.

     2  オリスルート        大さじ1

     3  クローヴ          小さじ2分1
     
     4  カラマスルート       小さじ1
     
     5  コリアンダ         小さじ1
 
     6  安息香           大さじ1

     7  マスクオイル        2滴
     
     8 シベットオイル       2滴
     
   サシエにして作る
     


PageTop

バビロン

先日のブログのイスラームの生活と技術のところで、
バビロンとはエジプトのことと書き込みましたが、
エジプトではなくイラクの方ではないですかと指摘がありました。

私はそのことはあまり詳しい知識はなく本からうける知識なので間違えも沢山あると思います。

検索して調べました。
バビロンとは
メソポタミア地方に栄えた新バビロニア帝国の首都バビロンのこと
紀元前3000年~1500年に渡って栄えた、
現在のイラク首都バクダットより南100Kにあたる都市
やはり指摘の通りだと思いますが。

宗教によっていろいろと違った言い方をしているので東洋人である
あまり知識のない私にははっきりしたことはいえません。

そういうことは大雑把に見て行きたいと思います。

イスラムの本の中のバビロンのことは当時はそれでいいのかも知れません。

PageTop

きれいなホームページ

私はヒロコ グレースさんのフアンです。
とても美しい方ですね、それに理知的です。

愛玩動物飼養管理士の資格取得している。

興味をもった趣味がいずれも仕事につながっているという。
また一歳からデビューしているには、びっくりです。

以前NHKでホームページの作りかたを説明しているところを見たことがあります。

とても きれいな作りかたでした。
私もそのようにホームページを作りたいです。

PageTop

信じるものは救われ?

img190.jpg

フランス自然療法者モーリス・メッセゲ氏の薬草療法を日本に紹介する
田中 孝治先生
田中先生は東京都薬用植物園園長をお勤めされております。
私も一度植物園へ行ってみたいと以前から思っております。
田中先生の監修されているメッセゲの本をバイブルのようにいつも側においてあります。
自然の大切さ、草木はものを言わない、でも人間の役にたっています。

ヨーロッパの自然療法は、中国と同じように数千年にわたって歴史があります。
細菌やウイルスを殺せば病気は治ると考えている医学もありますが。
東洋医学的考え,漢方薬は体のバランスがくづれると病と言う形で現われる。
そのバランスを快復させれば病気は治ると言う考えです。

メセッゲ氏は、ギリシャの大医学者 ガレノス著を引用しています。

人間を 胆汁質・多血質・粘液質・憂うつ質 四つのタイプにわけて説明している。

メッセゲ氏は古い医学であっても、現代医学でもすべて人類の英知が生み出したものであるという。
それぞれの得意な分野を担当して人々の苦痛から救うことに努力すべきである。
また、東洋医学漢方と日本古来からの和方という治療もある。

メッセゲ氏が紹介する、フランス式自然療法と日本の古来からの民間
療法(和方)とは共通しているところがある。

たとえばどくだみ、ゲンノショウコを煎服するやりかたが共通していることです。

何十年か前ですが、病気になったときです。
知り合いの方に進められてある宗教だかなんだか分からない集団に紹介されて、いきました。
結局、病はあなたが行いが悪い為です、心から清くなりなさいと言って、医者にかかってはだめです薬をのんではいけないと言われました。
それは、そのとき私は強く反発しました。

今思うとそれも一理あるかもしれないとおもうのですが。
全部信じては危険なようにもおもいます。

PageTop

銀座百点

img189.jpg

我家に呉服屋さんから毎月(銀座百点の広告誌が送られてくる。
以前小物を買っていたことがあってその縁で義理硬く贈ってくれる。
最近は着物離れして買うことはないので、申し訳ない気もする。

日本の伝統ある着物は廃れないように願うのです。
自分は着なくてもタンスの中へしまっておくだけでも癒されるものですが経済事情もありそうもいっていられない昨今です。

銀座・日比谷と言えば私の青春でした。
若いころは銀座や日比谷は一人で出かけるのは大変で、そう言う田舎娘でした。
幸お友達に日比谷にお勤めしていた人がいて、たまには外へ出たほうがいいといって、さそってくださいました。

当時は東京は復興したとはいえまだまだで、銀座は外人さんでにぎあっていました、駅前では、靴磨きの少年がいる時代でした。

お友だちは、東京になれたもので、いろいろなお店にはいりました、
待ち合わせは、日比谷のドラックストアーでねと友人はいいます。

「ドラックストアー」ってなあに?とききます、(薬局やのことよ」

初めてそのお店にはいったとき、おどろきでした。

コーヒー店で二人テーブルがたてに並んでいてコーヒーをだしていました。
カウンターに座ると白衣を着た男の人がいました。
カウンターは薬やで反対側は喫茶になっているのです。

クスりやと喫茶が一緒になっている店はめずらしい、きっと、アメリカ
商法なのだと思いました。

その近所のセッシボーンというレストランにはいりました。
その店も裕福そうな外人や日本人が座っていました。
いまその店はどうなっているのか、懐かしい思いがある。
シャンソンがながれて、高級感がある。

その並びに「タクト」というクラッシュック音楽をきかせる喫茶があったが、今どうなっているか、中が暗くて一人でははいれなかった。

さそってくれたそのお友達は学生のときから、いつもかばって、見方してくれた人でこんなばあさんになっても思い出すと、感謝の気持ちがわいてくる、
好くしてくれたお友達が多かったのは幸せだったと思うのです。

5.6年前だったか、そのお友達に会いました、直ぐにあの「ドラックストアー」はまだある、ときいてみましたら、」まだあるわとなつかしそうにいいました。

そう言うわけで銀座百点の本はすてられない。

PageTop

世界遺産

私の家族は国立科学博物館(東京)へよく行きます。
私も以前は行きました、家族も今回の三大文明は興味があるようです。
パンフレットを何枚も持っています。
img187.jpg

img188.jpg


世界遺産の宝庫
 中南米三大文明
インカ、マヤ アステカの謎
三大文明は今でも謎に包まれているという
ピラミット王朝 「テイカル」
湖上に浮かぶ都市 「テノチティトラン」
天空の都 「マチュピチュ」
この地域は世界遺産の宝庫である.

インカ文明
インカには古くから死んだ人をミイラにする風習があった。王様のミイラは死ぬ前と同じように暮らし服を着せ替えたり食事をあげていたということです。

マヤ文明
マヤには絵を組み合わせたような独特の文字があった最近ようやく
解読できるようになった。謎が解けてきたという。

アステカ文明
アステカでは太陽や月、大地,火,金星、雨、などの神様がいて世界をうごかしていたと信じていた。

正直いってマヤとかインカの言葉は知っていましたが詳しくは分かりませんでした。

2万年前はアジアと陸続きあったアメリカ大陸とある
それには私はびっくりです。
流石 国立博物館です、このパンフッレットを見るだけで教科書を見ているようです。
私の息子がメキシコへ行ったことがあったのでいろいろと話してくれました、感動しました。

実際に見るともっと感動すると思う。

PageTop

たまねぎとガーリック

肥満  (アロマテラピー)
パトリシアデービス著 一部引用

ダイエットはいろいろな方法で作られて、販売している。
食べたから、飲んだから即効くというものではなく、日々の食生活によって正常に戻るのでしょう、それがなかなか難しいですね。
人間は正常に戻りたがっていると医師はいいます。

少数の精油がときどき体重を落とすのに役立っているといわれます。
その精油のうち有名なのはフェンネルです。
これは、コリウス、カエサルの時代から空腹感をなくすと評判だったようです。
フェンネルは利尿剤で体液の滞留のある人が効果があります。
これは解毒剤です。

本によりますと
食生活によって体内に毒素がたまるとある。正しい食生活をしなくてはならない。
身に覚えがあるような気がします。どきんとしました。

フランスの権威者はガーリックとオニオンを上げています。
この二つの精油は甲状腺に対して強い刺激作用があります。
甲状腺の異常な不活発が原因ならば、気軽にとる場合は
ガーリックとたまねぎを食事にたっぷりあたえると良い。
私はガーリックは多すぎるとよくないと聞いています。
一片で良いと思います。

私の友人で甲状腺の病をもった人がいます。
心配です

良いことでも信じない人もいる、偉い人が言うことは信じるが
私の様な者では信じられない人もいる。
本で知識を得るのですから同じだと思うのですが
友人は信じてくれるでしょうか?

よく考えてみると自分が言うより本を薦めるほうが良いと思いました。
img186.jpg

フェンネルはウイキョウとも言います。

PageTop

スイカ糖

スイカ糖の効能 体内毒だし

スイカ糖をつくりました。
スイカ4分の1をことこと水気がなくなるまで煮て出来上がり
100%スイカ糖そのままで甘い。

作り方
スイカを小さく切ってミキサーにかける
1時間~2時間水気のなくなるまで煮て出来上がり
コーヒーやハーブティ 紅茶 ジャムにして 使用

南の島の人々は大きなスイカを1つ煮るという



PageTop

エコ暮らし

エコクリーニング  すまい

先日新聞にキッチンのまわりの掃除をするとぴかぴかになる。
でも、汚い水は海に流れていく、ふと気になったそです。
シンク回りしか気にならない私ですが、なるほどとそういえばそうだと思いました。

エコクリーニングを日本に広めたのは 佐光紀子さんという人です。
エコクリーニングのポイントは合成洗剤をやめて、重曹、酢、クエンサン、で石鹸家中の汚れを落とす。
ガスコンロ、フロタブ、用と場所によって用途洗剤を使うよりすーっとシンプルで重曹や酢は食品に使われているから安心です。
私も直ぐに酢を水にうすめたものをを作り掃除しました。
つるつるになって気持ちがよかった。


もう一つのエコ
ベニシアのハーブ便り
この方は英国貴族階級の出で現在京都でエコ生活をしています。
英国の文献やお年寄りの知恵をかりて和洋のハーブ2000種育てているそうです。
ベニシアさんは、酢にラベンダーをつけこみ、薄めたもので台所をきれいにしている。
シャンプーはカモミールシャンプーを作っているという。
英国の階級社会に疑問をもって、苦難をのりこえて、19歳のとき日本に。
現在京都暮らしている。
この話は読売新聞にのっていましたので、多くの人は知っていると思います。
西洋では古代から、ハーブを日常にとけこませていたということは
すごいと思います。

PageTop

足のツボ

img179.jpg

私は足が弱いのでお天気が悪いと足が痛みます。
我家に足と手のツボの本がありましたので見てツボを圧してみよう、
知り合いに静脈溜になって入院した事があったと聞きましたので、なんだか心配になってきました、 なんでも良いことを一生懸命にやっていれば大丈夫と自分に言い聞かせこの本を読みました。


img180.jpg

ひざの後ろに出来るくぼみの真ん中に位置する委中、また、むこうすねの後ろ側にある承山は膀胱経に属しここを手の親指の腹で押す。

足のうらの湧泉は腎経に属しひざの痛みとだるさをとるツボです。
img181.jpg

痛みが治ったらももとまっすぐになるくらい足を上げる、左右10回

PageTop

ねむの木美術館展

img174.jpg

img175.jpg

img176.jpg



先日家族が、森アーツセンターギャラリーへ
ねむの木の子供達とまり子美術展へ行ってきました。
みんなすごく上手い絵でびっくりしたと話してくれました。


まり子さんは、どんな人でも才能はありますと、話されてサインをしてくださって
また来てくださいと、言われました、そういわれるとうれしく思うと話していました。

7月1日まであります。

PageTop

イスラーム砂糖の歴史

砂糖の歴史
img165.jpg

私は何時の頃からか忘れましたが砂糖にこだわようにるなりました。
それはハーブ料理教室に通うようになったからかも知れません。

先生が今までの白砂糖より果糖のほうが良いのです、と話されました。
私は幸にして先生には恵まれていまして、若いころから立派で尊敬できる
先生に出会いがありました。
現在我家では、ハチミツ、林原のマービー、トレハの甘味料を使っています。
林原の甘味料は世界特許をとったと聞きましたので、糖尿病の予防のために使うようになりました。

先日友人から浦安のうらやすニュース(新聞)を送られてきました。
その中で見ごたえのある欄は東京学館の小橋先生のイスラームの生活のことや、歴史のことを書かれていました。

小橋先生の紹介する本は{イスラームの生活と技術}山川出版社」
イスラームの食生活のことや、紙、砂糖生産を話題にしてわかりやすく話されています。
img173.jpg

砂糖きびの図

その本の内容をはなされて、
それによるとイスラーム初期の時代のイランではフージスタン地方は砂糖の主要生産地であったという、
9世紀ではイスラーム世界第一の砂糖の生産地であった、

アラビア語で砂糖は スッカル という

フランス語     シュクル

ドイツ 語     ツッカー

英語        シュガー

などの語でキリスト教世界へ広めてたといいます。

13世紀時代は砂糖は商品としてでなく、
薬理学者13世紀のイブハンターによると、砂糖は胸の痛みを取り除くとある。病の快復にも助けがあったという。

マルコポーロ(1254-1324)東方見聞録によると、

黒砂糖から白砂糖へ
宮廷へバビロンからやってきた人が木炭で黒砂糖を精製する方法を教えたとある。
この、バビロンとはエジプトのことである

家族の中にアラビア語の趣味をもっている者がいましてアラビア語を
絵にしました、  魚

img168.jpg



img185.jpg

イスラム語の刺繍

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。