ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

電気自動車

JAFMate ジャフメイト
2007・12月号に電気自動車が環境の救世主となる?と出ていました。

電気自動車が90年代にブームになって、このまま電気に変わると思っていましたが、その後かげをしそんで、また ここへきて2010年頃までに三菱自動車や富士重工が電気自動車の市場化を目指すと表明している。

私は日本は資源がないので、発明やものつくりを一早く世界にさきがけなければならないと思うのです。

また、太陽電池なども、ドイツにおくれをとっていますね。
ドイツでは一般家庭に導入していると聞きます。
環境に良いものを研究して人類の幸せのためにすすめていただきたいと思います。

電気自動車になればこれから燃料費はガソリン車の10分の1と専門家がいっていますが
まだまだ課題も沢山あるらしい。

成功を祈っています。

スポンサーサイト

PageTop

中国アロマテラピー

中国アロマテラピーは私には情報は深くないのです。
中国はやはり整体マッサージでしょう。
整体の技術でなく、カイロプラクティックの技術もある。

以前腰痛でナグラへ行きました。  昔は治療するところをナグラと云っていました。
入り口にカイロプラクティっクと書いた看板がありましたが何のことか分かりませんでした。
中国の整体は日本ではあんま(按摩)といいます。なにげなく、あんまさんと言っていましたが、今漢字を見ると奥深いものがありますね。

私がアロマの教室へ通っていたころ
先生が私は不整脈なのでと気にしていました。
中国精油のメイチャン May chang  という精油を取り入れ私達に教えました。
そのころ、、ロバートテスランド先生も東洋や漢方に関心をもちはじめたようでした。

メイチャン は アジア原産
学名は Litsea cubeba という
和名は アオモジ
果実からとる
料理や石鹸にも使っている

また、うつ状態にもよい。 アロママッサージ、バス 使用
消化を助け呼吸器系 によい
心臓病・拡張性心筋症・本能性高血


相性の良い精油
イランイラン・ジャスミン・ネロリ・ローズ・オレンジ・ローズマリー
その他

アロマテラピーは医学でないので、自分に合った精油をつかう。
 

PageTop

シナモン

最近寒くなりました。
寒くなると、どうしても血圧が心配になります。

血圧降下作用のハーブを調べてみました。
普段サンザシのお茶を飲んでいますが他にいろいろとありますね

血圧降下には、シナモンもあります。

シナモンは クスノ木科 常緑高木 スリランカ産 セイロンシナモンと言う
樹皮を乾燥させたものです。
中国に似たハーブがあります。 カシアである。
チャイニーズシナモンとも言う。

このハーブカシアは聖書にも登場し長い歴史がある。
カシアは漢方薬の桂皮(ケイヒ)になるものです。
日本では昔はニッキーと言っていました。
シナモンはくせがあるので、嫌いな人もいますね。

シナモンは体を温め胃腸の調子を整えます。
シナモンスティックを紅茶やコヒーに添えたりします。
シナモンとケイヒ(桂皮)は世界中どこの国でも同様に扱っています。

妊娠中は避けてくださいとのことです。

PageTop

太陽電池

新聞に ホンダ太陽電池に参入とでました。

ホンダは自動車とばかり思っていましたが
航空機にもてを出し今後の地球温暖化対策に太陽電池を有望なビジネスのチャンスと判断していると、新聞にのっていました。

私は兼ねかね太陽電池に興味をもっていました。
もうすでにドイツでは一般家庭に導入されていると聞きます。
20年前の話ですが、ドイツでは国や市が導入する家庭には支援金を
与えていると伝えられていました。
日本はそう言う意味では遅れていると思います。
日本は資源がない国なのに、世界を先駆けて発明するべきではないでしょか。

太陽電池が良いといっても、テレビにでる屋根全体では金額がはって、誰でもというわけにはいかないでしょね、

私はいつも思っているのですが、小さいところから初めて行きたいのです。
例えば、携帯電話や掃除機、薄暗い光が入らない部屋 電話の子器
洗濯機などに電気料を気兼ねなく使えたらいいと思っているのですが。
そういう機械ものは全然わからないのが残念です。


PageTop

明るくくらす

今日はバジルソースを作りました。
すぐには、食べられなくて、一週間から十日たってから食べます。
パンにつけたり、スパゲティ・ピザ・などにつけています。バジルソースを入れると一味ちがいますね。

バジルの名前は(王」という意味
古代では、王様や貴族の香水や薬に使っていたそうです。
日本でメボウキとも言います。
水に浸したバジルの種で目に入ったゴミをとるそのためメボウキと呼ばれている。

サー・ジョンパーキンソンその著書「薬草誌」の中に その薬草はきわめて優れてたものであるといっています。その植物はタイムににているがもっと刺激的です。
古代ではバジルは胸の感染症・消化障害/黄疸に使われていました。
16世紀になってバジルは頭痛や偏頭痛に使われています
頭を明晰にする, 頭脳明晰化剤である。
また、ローズマリーもある。

昔のある本草学者は心からゆうつ気を追い払うといっています。

私はこのごろ物忘れがあるので,老人ボケにならないように気をつけたい

ボケたひとの話を聞いてみると、ある日突然におこったといいます、

自分も悲しいが家族も大変ですね。

明日と言う日はわからないですが、明るく機嫌よく暮らしたいです。

PageTop

スッポン運動

1分間体操
寒くなると体が硬くなりますね。
腰痛があったり、ひざが痛くなったりします。
早めに予防しなければなりません。
その運動は腰痛の再発防ぐ、スッポン運動です。
img289.jpg

うつぶせに寝て胸を床面から大きくし反らせしながら行うのです。
首はスッポンのように伸ばす。

私はスッポンはまだ見たことがないですがそのようにするのです。

年齢関係なく腰痛はおこる。
毎日疲れない程度にやっているとよいのです。

私は猫ポーズをやっています。

猫がそのポーズをやっているところを見たことがあります。
1分間運動なのでやりやすいです。

人間が動物を見習っている、面白いですね

PageTop

女性の友

ドイツのアロマテラピーより

 アンゼリカの精油
この精油は心配の種をもつ人、気の弱くて無力な人、決断を下すことがなかなか出来ない人によいのです。

心の奥にある強い精神力をよびおこすには、 アンゼリカの精油の香りをランプにたらす、使う場合によってはレモン か、レモンブラスと混ぜる。

衰弱状態のときには、アンゼリカ精油を1滴薄めて手に落として鼻の近くにもっていく。

私は以前風邪から腎臓を悪くして、すごい苦しみを経験したことがあります。
病院で治療しましたが治らず、漢方薬局で薬をだしていただきました。
この薬は,当帰、芍薬ですといいました。 薬名は当帰、芍薬散です。
3日からどんどん良くなり助かりました。

アンゼリカを調べてみると、当帰のこととあります
アンゼリカと読むのは英語読みとラテン語を混ざった読み方
または、ギリシャ語とでています。

日本や中国は当帰と言う
漢方薬名 当帰
チャイニーズ当帰とも言う、チャイニーズエンジェルとも言う
名前がたくさんあります。大天使とも言う。
この精油はジンジャーやベルガモットと使われている。
私はグレープフルーツやカモミールなどいれます。

肝臓や子宮の賦活剤となる。血行を良くし,強壮剤として用いられる。
正しく女性の友ですね。
昔学んだ手帳を見ると、アロマテラピーでは
アンジェリカは、糖尿病の方子宮に腫瘍のある方はいけないとありました。
また、アンジェリカ+カモミール=当帰芍薬散とも書いてありました。
芍薬をカモミールにかえてある、カモミールも同じような効果があるのかもしれませんね、

何しろ20年前のことですので、当時でしたら、先生にすぐ聞いていました、でも当時は余裕がなくてただ、夢中でオイルを作っていました。

私は自己流は難しいので家庭ではハーブティの、カモミールをのんでいます。
アンゼリカケーキもあります。
生活に溶け込ませているところが西洋の良いところですね。

PageTop

ドイツの療法

ドイツのアロマテラピーはどうなっているのか、
イギリスやフランスの情報はあるが、ドイツは分からないのです。

ドイツの自然療法者 アロマテラピストの
 スーザンネ・フィッシャー・リチイ  女史 著
アロマテラピーと薬草(ハーブ)の本を購入しこの本によりますと、

ドイツでもアロマテラピーは5千年もの歴史がある。
数年前はあまりアロマテラピーは知られていなかったので、女史は疑問をもっていました。
最近は関心が高まり、自然療法にますます信仰者が獲得しつつあります。

ドイツは、ホメオパシーという療法がある。同種療法がある。
ドイツの医師、ハーネマン (17755-1843)によってはじめられた。
同様なものは同様なものを治すという類似の法則である。
ハーネマン主著 「オルガノン」1810 による。
日本では医学として認めていない。
アロマテラピーを学ぶと最初に出てきます。学んだ方はご存知でしょう

イギリス・フランス・ドイツ・は健康保険の通用を認めている。
インドでも大学の医学部のカリキュラムに組み入れている。

アーユルベーターと同じように国家の資格があり病気の治療をしている。

ホメオパシーはギリシャ語である。
日本では東京の薬局で薬は売っていると聞いています。
基本的に毒をもって毒で制すという考え方を基に診療処方するものです。
やはり、学ばないと受け入れは難しいですね。

PageTop

img283.jpg

何年か前にタイ料理の講習会がありタイ国と交流の為出席しました。
酒井先生はとてもすてきな方で丁寧に教えてくださいました。
お話しも楽しかったのです。
本も買って見ながら作っていましたが、いつの間にか、日本家庭料理になってしまいました。
もう一度タイ料理を作ろうと思い本を出しました。

その前にタイはどういう国か検索しました。
平成16年の面積の調査では
タイ国の面積は514000平方キロで
フランスとほぼ等しい、
公用語はタイ語
時差は日本より2時間遅れ
宗教 国教は上座部仏教
国民の9割以上仏教信仰している。

ついでにインドネシアの面積を調べる
面積は日本の5倍ある。
人工は世界で4番目に多い 1億9500万人いる。

私はタイ料理がすばらしいのには驚きました。
野菜が多いよく考えていますね。  知る前はタイ料理をかるく考えていた自分を恥じています。
我家はあさりがすきなので、あさりの味噌汁、あさりををいためて,しょうゆで味付けたもので簡単料理です。
タイ料理もアサリ料理があります。


img285.jpg

材料
あさり殻つき       500g
セロリの葉   (代用 )    3本   (パイホーラパー)
赤ピーマン        1本       (ブリックチファ)
青唐辛子  (ピーマンで代用)1本
ニンニク         1片
レットペパー       大さじ2
オイスターソース     小さじ2
砂糖           少
サラダ油         適量
最後にバジルの葉を入れます。
(タイの調味料がないとき代用で)
この程度でしたら私にもできます。
おいしいです、
タイ料理はピリット強いところがありますので
酒井先生は日本人に合うようにレシピーを作っています。
写真は本をコピーしました。

PageTop

ほめ言葉

精神科医の斉藤茂太先生の本を読みました。
実にためになる本です。
この本のはじめに、先生の祖父紀一先生のことを話されています。

先生の祖父紀一先生は、東京名物とまで言われた巨大な青山脳病院を
一代で築いた方です。

先生の子供のころ祖父紀一先生は病院の職員がなまけて、玄関の外でふらふら歩いているところを見て、「いや、ご苦労様ご苦労様、、そのまま歩いていてくれたまえ、玄関がにぎやかでいいと」上機嫌でいう。

どんな厳しい直面にぶつかっても明るく相手をほめる、、自分もリラックスできる。
父親は歌人で有名な精神医の斉藤茂吉先生

口は災いのもと、なども有名なことわざ
悪口をいうより、人をほめたほうが良い
先生は人生八十点主義を唱えています。五十点でも百点でもよい、
合格点は自分できめる。ただ決めたからにはクリアしなくては幸福にはなれないという。

ほめること、これも、人によっては難しいですね、

何年か前に私はある会の役員をしていました、
その会は男性役員が多く女性は少ない、
年に一度旅行しました。
そして、旅行の反省会のようなこともあり話し合いしました。
その会の男性役員の一人がとても小まめにお世話してくださいました。
トップの役員さんがその方をほめちぎりました、
他の役員さんも、お世話になりましたとお辞儀をしてお礼を言いました

すると男性役員の凄みのある人が、私をみて「女たちが働きがわるいからだ」とおやぶんのような目つきをして怒鳴るように言いました。

私はグットなり「女役員は、役員の芸者でない」とのど元まできましたがこらえました。

すると、会長さんが、この会は会社でないので働きとかということはないので、ボランテアなので・・・・といっていました。
その場の雰囲気を和らげてくださいました。

ほめごとはいいが大勢の前で一人だけほめるとなんだか具合が悪くなりますね。

私はその晩旅行のことを思いだして寝られませんでした。
その、凄みのある役員さんに旅行のとき宴会が終わりその後、女性役員をカラオケにさそってくれたのですが。眠いからとお断りしたこともある、
なんだかその人を傷付けたのかも知れません、
人間の心は深いですね。

img282.jpg

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。