ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

玉三郎さん

昨日、NHKで歌舞伎俳優の玉三郎さん出演していました。
アナウサーさんのインタビューにやさしく答えていました。
とてもお人柄のよいかたでまじめな方と思えましいた。
食事のことも、聞いていました。
食事のほかに野菜ジュースを作っているとか、
わが家も野菜ジュースを作っていますので
玉三郎さんの野菜ジュースは興味深々、テレビを
みながらメモしたりしてききました。

玉三郎さんの野菜ジュース
小松菜・パイナップル・キウイイ・ 深層水 にがり

玉三郎の美しさはこのジュースに秘訣があるかも知れませんね。

私も真似をして明日から食材をそろえて作りたいと思っています。



スポンサーサイト

PageTop

赤毛のアン

新聞に赤毛のアン誕生百年とでていました、
料理のレシピーもある。
私は子供にもどったように興味をもちました。
大急ぎで検索してみました。アニメなどで見ていましたが
もう少し詳しく知りたいと思いました。
{赤毛のアン)原題はAnne of Green Gables
グリーンゲーブルズはカナダの作家L・Mモンゴメリー
が1908年に発表した長編小説で児童を対象にした作品で
はないが、児童文学とみなされてといます。
百科辞典引用
作者、モンゴメリーは新聞記事で読んだ、男の子と間違えて
女の子を引き取った夫婦の話に着想を得て作品を作りました。
作者自身の田舎で育った時代も作品に投影した。
物語は  孤児院暮らしだったアン・シャーリーが11歳でアヴァン
リーのカスバート家に引き取られてからクイーン学院を
卒業するまでの少女時代5年間を描いた{赤毛のアン}の
人気作品

この作品に詳しい人はいないかと家族に聞いてみた
いるという、それは私の嫁に行った娘が子供のときから
すごく詳しいと家族みんなで言っている、
電話して聞いてみようとしたが留守でした。

以前(不思議な国のアリス}も夢中になったことがある。

img316.jpg

なんて夢のある素敵な家でしょう
こう言う家に一度でいいから住んでみたいです。

PageTop

ヴァーベナの効能

img314.jpg


昨日、歯の治療の帰りイスクピアリへよりました。
ハーブやさんに、サンザシを買いにいきましたが店にはなく
予約しなくてはならないので、
カモミールとヴァーベナを買ってきました。
家に帰って直ぐにハーブティを飲みました。

ヴァーベナはピリットしする味で飲みやすいお茶で懐かしい
気持ちになりラックリしました。
ヴァーベナは別名 クマツヅラとも言います。

いつもブレンドにして飲んでいますので、本当の味がわからない
のです。 今回は一種ストレートで飲んでみました。

ヴァーベナは 野クマツヅラや ネコのハッカ 肝臓草 血の草とか
聖なる草とか 魔法使いの草 魔法の草 西洋では異名があります。
その草をめぐっていろいろ伝説があります。
なんだか面白そうなので後で読んで見たいと思っています。

ヴァーベナは強壮作用があります。
ノイローゼ・不眠症・不安神経症・などに効能があります。
また、痛風やリウマチ 神経性頭痛にも効能があります。

私の経験でお医者に行くほどでもない頭痛のとき、ヴァーベナのお茶を
のんだとき スーット痛みがなくなった体験があります。
それは誰でも絶対に効くということではないので無理にすすめることは
出来のいのです, そういうことは新薬でも言えることです
具合の悪いときは病院でみていただくのが一番です。

モーリス。・メッセゲ氏はこのハーブは興奮作用があるので無気力症
うつ病・神経衰弱の人におすすめですという

世界では非常にたくさん消費されていますので信頼のおける薬草店で
売っています。
私はヴァーベナとボダイジュとレモンバーベナのブレンドしたハーブティにハチミツを加えて
ヴァーベナドリンクを作ります。
ハーブは同じでハチミツを変えたりしています。
好みのハチミツをローズマリーのハチミツとか、ボダイジュのハチミツやラベンダー
アカシア、まつの樹液のハチミツなど  そのときの体調に合わせて
ハチミツの効能を考えて加えています。

PageTop

ヘボン博士

img308.jpg

私の家にはいろいろな宗教雑誌が送られてきます。
また、訪問して雑誌を置いていく人もいます。
子供時代は無信心で生意気な私はそれは迷信よ
と云って、毛嫌いして父を困らせていました。
最近,年のせいか,宗教団体には入れませんが理解
出来る部分が多くなりました。
また、信仰して神を敬い多くの人々には感心しています。
私にはそれだけの信仰は出来るだろうか、
いつも困ったときの神たのみなのです。

信仰というば
昔 安政六年(1859)ヘボン博士が日本に向かって
ニューヨーク港から出帆以降、明治25年(1892)日本を
去るまでの33年間の書簡の本を読んでいます。
30年前にも読んだのですが身につかなかったのです。
安政年間でよく徳川幕府がヘボン博士を受け入れたと
思います。
当時ハリスが外人の入国許可を申し入れたが貿易
以外は許可しないと断られている。
入国できたのはヘボン博士の立派なお人柄だったと思われます。
博士は医師で英語を教えるために入国したが、本当はキリスト教も
伝える為だったと聞きます。
日本人の病気を治したり、勝海舟にも深い交流があった
そうです。
幕末は武士が荒れていて、外人は危ないので、外出はさける
ようにと幕府からの通達があった。

ヘボン博士の部屋に役人が来てキリストの絵を見て、是は何だ
どうしてキリストと一緒にいる人が殺されたのか説明しろと
聞いたりした。
ヘボン書簡集を見ると当時の幕末の日本が分かってきます。
博士は苦難を乗り越え日本人の教育のために始め横浜に英語塾をつくり、
現在の東京白金にある明治学院創立者であります。

博士は日本に来た時、信仰のしかたが あの神、この神といろいろな
所へお参りするのには驚いたそうです、
しかし、博士は日本人はこのようにして神を敬っているのかと、
それを受け入れて日本人と一緒にお寺にも行っていたと聞きます。
日本人の嫌がることしないようにしてキリストの絵も奥へしまったと
聞きます。
博士は相手の身になって考える人であったと思われます。



PageTop

ぶどうジュース

しばらくお会いしなかった友人二人に電話をしました。
友人の一人は40年間東京でお勤めしていた人で
とても健康な方なのです。
海外旅行へいく為に健康診断をした結果悪い結果が
でてしまいました。
手術して間もないとのこと、びっくりしてしまいました。

もう一人の友人に電話しました。、お嫁さんがでて、母はいま
寝たきりで話しすることができないのでそれにこちらの言う
ことが分からないのでといいます。

私はまたまた、びっくりして、人一倍お元気な方だったのに
と思いながら、電話をきりました。

現在、日本で一番多い病気は脳血栓だそうです。
それにガンもあります。
病気は限りなくありますが、どの病気がいいか、悪いか
ランクつけはできません、
ちょとした病でも苦痛で不幸な状態になります。
それに医療費問題もありますので、なんとしても健康で
なくてはなりません。
医学もすすみ、薬もたくさんあるのにどうして、病気があるのかと
思います。明日という日は分からない私でもこれから弱気な人間
ではいられないとつくづく思います。
それには予防を学んでいかなければならないと思うのです。
*ー脳出血の原因となる病気は何か?ー
高血圧・脳動脈瘤・脳動静脈奇形など原因になります。
動脈硬化が進むと血管がもろくなります。
*ー脳出血の治療は
内科的に治療します。薬物としては止血剤,降圧剤、を投与する。
高度の場合は手術する。
*ー脳出血を予防するにはー
塩分を控える(一日10g)ナトリウムの排泄を促す食品をとる。
バナナ・リンゴ・枝豆・かぼちゃ・とかアジやサバ・イワシの青さかなを
食べる。
十分な睡眠と休養で解消する。

以前テレビで放映していましたフランスの食生活や病気のことですが
北欧のある国は青魚をたべているが、脳血栓が多い、フランスでは脳血栓は
少ないという、それは如何してか食生活を、調べた結果 干しぶどうやブドウ
ジュースをたくさん飲んでいたというのです。
私もぶどうジュースを飲みたいです。
そして干しぶどうをごはんやホットケーキなどなんにでも入れて食べたいです。

PageTop

野菜ジュース

食生活には動物性食品の摂取が増えています
それはほとんどの食品は酸性のものです。
アルカリ性の体質を保つためには摂取した動物食品の
2倍か3倍の野菜を食べなければならないです。

私は酸性体質になりやすい体質なので気をつけたいと
思っているのですが。
野菜を多くといってもなかなか毎日のことで、むずかしい
ので野菜やくだものをジュースを作っています。

女性の美容によいジュースを作ります。このレシピーは
(松田智恵子先生のレシピーを一部引用しています。)
一人分 レシピー
*小松菜 - 50g *みかんー100g *にんじんー100g
効用
小松菜だけで飲むよりもみかんを入れて飲むと飲みやすい。
胃腸の調子がおかしいとき毎日飲むとよいです、
鉄分もあり、しみそばかすにも有効です。
小松菜は歯槽膿漏にもようと言われています

*ミルクカリウムジュース(一人分)
 ほうれん草ー50g セロリー50g 人参ー100g 牛乳ー2分の1カップ
*カリウム
筋肉組織に栄養を与えるといいます。頭脳細胞にも栄養を与えています。
血液をアルカリ性に保ちます。
更年期の女性にも良いそうです。
頭の細胞に栄養を与えるというので頭を使う学生にもいいと思います。
我が家ではリンゴジュースは、傷のあるリンゴを産地から取り寄せて
います。
キズといっても形と皮にキズがあるだけで、中身は良いのです。
それに、お値段が安いのです。

 

PageTop

ローズマリー(ドイツのアロマテラピー)

ローズマリーは 大昔から記憶力を高める作用をもつことに
気がついていました。
古代ギリシャ人は勉強するときローズ、マリーの花環を
かぶりました。
ローズマリーはインプットされたいろいろな情報、数値、名前
を覚えるときに力を発揮します。

ローズマリー精油は臭覚を失ったとか失語症、弱視によく
沐浴をします。
マッサージや吸入又は内服することもあり、直接目に触れない
ようにします。
私の娘はリースが好きで、庭にさいているローズマリーを使って
それにニンニクを何個か使い台所に飾ります。
一年経つとニンニクの中は空になります。
いろいろと使いみちはたくさんありますね。

ローズマリーの精油でマッサージオイルを作ります。
散漫な子供には室に香りランプをたらしたり混合精油にして
背中をマッサージするとよいのです。
ローズマリーの精油には高い血糖量を下げるにもよい
動脈硬化の予防にも良い、強心作用があります。

また低血圧の方も効能があります。
朝冷たい水にローズマリーの精油を1・2・滴たらし、それで
顔を洗うとよい。
この精油は外用すると患部を温め、血行を促進作用があります。
足の疲れとかひえにも良いようです、
筋肉痛、リゥーマチ病・関節炎・足血行障害・まひ・(アンゼリカとともに)
* 足のクリームを作ります。
  疲れ痛む足のマッサージします
精油
  ローズマリー       10滴
  ラベンダー        5滴
  ミント            2滴
  匂いゼラニウム     3滴
  50mlのアーモンド油と混ぜ合わせて作ります。
* リューマチ痛みに
  ローズマリー       10滴
  オレガノ          3滴
  ジュニパー        5滴
  マージョラム       5滴
  カモミール        10滴
  クローブ         2滴
100mlアーモンド油にまぜます。
以上のマッサージオイルは長い歴史で培ったことです。
大勢の人間に助けることができれば幸です。

スザンネ・フイッシャー・リチ女史の本より引用

PageTop

子供香水

友人とのパーティが近づいてきました
最近あまり外出していないので、気構えて気分が
高ぶっているように感じます。
どんなことがあっても、冷静に生きなければならないと
思っているのですが、
リラックスして楽しく過ごしたいです。

簡単リラックス香水を作りました。

レシピー

ホホバ油  5CC

ゼラニューム  1滴
オレンジ     1滴

ホホバ油にまぜます。

この香水は、子供用にです、
パーティに匂いプンプンさせるのも良くないと
思いますして。
ハンカチかティッシュにしみ込ませてときどきかぐ
ようにする。

子供の世界もあります、最近はこどもにも
ストレスがたまります。
リラックスさせるのも必要かとおもいます。

PageTop

韓国国宝第一号

韓国国宝第一号の崇礼門が全焼と報道が流れて
きました。
放火のようで捜査が難航していると思います。
600年の歴史ある大切な建物が失ったことは
大きな損害です。
チャングムのテレビで同じような建物を見ていますが
コンクリートの建物とは違い何か懐かしい気分になります。
国宝を長く愛した韓国の人々は今どんな気持ちでいるのか
と思うと心がいたみます。

韓国との歴史は戦時中や現在しかよくはしりませんが、旅行
したとき、ある博物館で館長さんのお話しがありました、そのとき
の話しは興味ありわすれません。

日本のひみこが百済王に恋をして日本は鏡がないのです、
鏡が欲しいのですとお願いしましたら、百済王は百面の鏡を
ひみこに贈ってきました。
その鏡を見ました。その鏡は黒くても磨きこんであり、顔が
はっきりと見えました。
女性の私達は興味あり、メモしたりして夢中できいていました。
そう言うわけで館長さんも真剣になり話してくださいましたが
男性はあまり興味がなかったようでした。

今テレビでチャングムが放映していますが、王様がでてきますね
ひみこが恋した王はあのような人かしらとダブって見えてしまいます。


PageTop

若返りローズヒップ(アロマテラピー)

若返り ローズヒップの油
この油はローズヒップの種の油です。
アロマの教室に通っていましたとき紹介されました。
湿疹などにも良いようです。
ボディローションと保湿クリームを作りました。
先生はブレンドする精油をたっぷりと使って作ります。
*ボディロションのレシピー
ローズヒップ     3CC
EPR(月見草)   3CC
ローズオット     1滴

サンダルウット
イランイラン
ラベンダー
グレープフルーツ
ジョニパー
        合計15滴

*保湿クリーム  レシピー
エモリエントクリーム       20CC
月見草               1CC
ローズヒップ            1CC
ローズオットー           1滴

カモミール
ラベンダー
ローズアブソルート
ゼラニューム
ローズマリー
ネロリ
合計     9滴
私はこのクリームをつけました、次の日鏡を見ましたら、なんと
若返っていました、もっともっと若返ってみたいと思い、一日に
何回もつけて、また鏡をみましたらびっく仰天、すごい
ばあさんになってしまいました。なんといっていいか分からない
ふけ方なのです。 直ぐに顔を洗い一日に一回にしましたら
もとに戻りました。恐ろしいことでした。
若返りといえばハチミツもあります。
昔聞いた話しですが、少年時代からハチミツを食べさせていると
青年期にハンサムになり肌もきれいになると聞きました、
(ヨーロッパの話し)
我が家は生活に追われてそこまでは子供達のこと
を考えませんでした残念に思っています。
今では私はハチミツを心理効果に重点を置いています。
ミツバチに感謝しています。

PageTop

お詞

鶴太郎さんの尊敬する松原泰道老師の本を読ませていただきました。

今日の杖言葉一日一言 百才の人生の師からあなたにー

禅僧は墓を持たないと聞きます。
その人の説教で民衆を集めるのですから、いかにご立派な
方か分かります。

この本は一日一言で昔からの言い伝えや現在の有名な書家や
詩人の言葉があります。
最初に
●松たてず、しめかざりせず 餅つかず かかる家にも春はきたり
                       (元政法師}
 *飾りをする、しないは自由だが正月の飾りは、心の中にこそ
  厳かに飾り装いすべきです。
●門松はめいどのたびの一理塚
  この言葉は昔よく聞いたものです。
 *{ 人生ははかない者、若者も老人も骸骨になることに
  変わりがないのだ} 一休禅師
●日日是好日
  中国の唐代末期の禅の高僧 雲門の有名な語です。
  これは色紙などによく書かれているのを見ます。
 *一年中好天ばかりではないです
  悲運のときもあって一生となるのです。天候はより好みは
  出来ません。
  雲門の言ういい日は 命の輝く充実した日です
  悪天逆境の日を好天 順境の日とくらべないこと
●つまづいたっていいじゃないか人間だもの
    弱音を吐いたっていいがな、人間だもの
  たまには、涙を見せたっていいがなー
  相田みつをさんの詞をよんだとき、心がぐっときましたね
  この人生は安心して生きられると暖かい気持ちになりました。
●人間は考える葦である
  これは17世紀のフランスの数学者・物理学者、パスカルの
  有名な詞です。
 *人間は一本の葦に過ぎない, 自然の中で一番弱い、だが
  考える葦である
  この詞はなつかしいです、私が中学の時代に非常に知識の
  ある先生がいました、そのことを話していましたが、なにが
  なんだか分からなかったですが、真新しい感じがして
  興味がわいてきました。
●人間は一人で死ぬのである、
  ある人が人間で一番不幸なのは死ぬことだというのです。
  それはそうだけど、そこを何とか明るく考えるようにしたい。
私も明日という日は分からない年になったがもう一ふん張りして長生き
したいです。

PageTop

すみれの花

メッセゲ氏の本に、 アーモンドミルクの作りかたを紹介して
います。
アーモンドに すみれ のシロップとともに飲むと呼吸器
疾患に効くということがでていました。
私はすみれを使ったことが不思議な気持ちになりました。

花医療研究家の 片岡義子先生の本を再び読みました。

ーすみれの花言葉ー 身近な美しさ

すみれは高血圧を気にしている方におすすめです。
極端な血圧の上昇はいろいろな病気の原因になります。

この花は身近に咲いている野の花の雰囲気という
気を使わず、疲れを癒してくれます。
また、散歩しながら野の花にふれることも大切です、途中で
すみれに出会ったらそっと声をかけてください。

早速花屋さんへ行きすみれの鉢植えを買いながめています。
すみれは香りがします、家族がいい匂いだといって皆でながめ
ています。
家の中に花があることは体にも気分にも良いことですね。

PageTop

アーモンド メッセゲ氏の本より

アーモンドの油は炎症ややけど、赤ちゃんの
おしりのただれなどに効き目があります。
アーモンドは中央アジアの原産で二つの種類が
あります。
「スィートアーモンドとピターアーモンドがあります。
開花時期は魔法にかかったように美しいピンク色の花
が咲きます。
駆虫剤にもなり効能があります。
ピターアーモンドは猛毒の青酸が含まれているから
食用することは絶対に禁物です。

スイートアーモンドは、デザートとかお菓子などに使われています。
栄養タップリで胃が弱い人は控えめに胃が丈夫な方むきです。

私に血流が良くなると言って家族が買ってきてくれます。

この本では生の果実のことですが、
油は薬局に売っているとか、日本ではアロマテラピーの商品を売って
いるお店では買うことができます。
これは芳香のある液体で、口から大腸にいたるまでの消化器の炎症の
一切を和らげる力があります。

メッセゲさんは子供の駆虫剤として進めています。
*ウスベニタチアオイの花とのヒナゲシの花の煎剤をつくりそこに
 ハチミツと卵黄を少し入れたものにアーモンド油を混ぜて作ります。
 それを外用すれば、かゆみ、火傷,丹毒に卓効があります、
容器はプラスチック容器、真空パック、などは健康によくないのでさけて
ください。
*アーモンドミルク
 呼吸器疾患・発熱に効果あり
かるく一にぎりのスイートアーモンドを同量の砂糖と一緒に
細かく砕きそれを一リットルの蒸溜水で溶きます。
これをスミレのシロップとともに飲むと呼吸器疾患にききます。
                                    { 引用する}
私はこのシロップを作りたいと思います
スミレのシロップはどこで売っているか分かりません、
スレミのシロップとはかぎらないですね、ないときは
自分流に作ってみて楽しみます。

*{メモランダム}
アーモンドは(扁桃へんとう}{アメンドウ)とか呼ばれています。
果肉は食用になりません、核の中の仁のところを生食した製菓
調理の材料としています。
生産しているところは
地中海沿岸諸国とアメリカのカルフォルニアです
                                 { 引用 }




PageTop

目をそらす

今日朝 テレビで英語でちゃべらナイト
を観ました
英会話で先生と生徒が話ししていました、須藤静香さんも
出演して、とてもきれいです。

外人の先生が日本に来て感想を述べていました
それは、日本人は相手に会うと目をそらす人が多いと
いっていました。
私は相手があまりハンサムや偉そうな立派な人は、息子や
孫のような年令でも年甲斐もなくこのばあさんなのに目をそらす
ようです。
また、美人さんはうっとりして、いい気持ちになります

野良猫も猫同士が出会うと、目をそらす猫もいます。
目をそらした時点でもう負け猫になっています。
猫は直ぐに屋根や木に登ります。野良だからしかたがない
ですが、他の猫を上から見下ろして偉くなった気持ちになるのかしら?

私も目をそらすことは身に覚えがあるので人間として、もう負けて
いると思います。くやしい!残念
それを何とか治したい思うのです。

薬草療法のなかに薬草(ハーブ)はないものかと思いますが、
今のところは見つからないです。
*アロマテラピー  も心理効果があるので調べたい。
*ホメオパシー   も心のバランスを整えるというので調べたい
*フラワーレメディ 心理効果や性格を変えるという治療ほうです。
             私は10年前に娘とこの会に入りました。
             深くは学なかったのですが、
             ロンドンの優秀な外科医 エドワード・バッチは博士、
             博士は自分の人生をなげうってまでも、薬草研究に
             懸命になった人です。最後まで博士についていた人が
             この治療を続けたと伝えられています。
             以後今日まで60余年、英国をはじめヨーロッパ諸国、
             アメリカ他の国々の家庭で使われています。
             人間のマイナスの感情に作用する野生植物を長く研究
             されたのです。   
             この植物はメッセゲさんのハーブとは違いますが、
             博士も毒草は使いません。

PageTop

アザミの仲間  葉

アザミの仲間
メッセゲさんの薬用の本より

アザミといえばロバの大好物です。ロバは健康に
よいと思ったのでしょう。
人間はそう言う謙虚な動物の行動の教えに耳をかたむ
べきです。
この本に出ている、アザミはサントリソウとオオアザミ
というという植物です。
私の母親はアザミが好きで庭に咲いていました。庭と云っても種をまいたり、好きな花を
植えたりお楽しみ庭でした。
今で言うハーブ畑のようでいろんな種類の花が咲いていました。

十六世紀では本当の万能薬と考えられていました。
サントリソウは解毒剤として効果を発揮します、
アザミは全草(葉・花・根)に強壮作用があり、慢性的な
便秘・肝臓病・血止め・血管を強化する力がある
*煎剤
 葉の煎剤 オオアザミ
  一リットルの湯につき、10ないし20つまみ煎じます・
* 手浴・足浴
   頭痛・めまい低血圧に効果あり
  お湯一リットルにつき、干した葉を10つまみ入れて作ります。

●メモランダム

アザミは非常に多くの種類があります。
日本では観賞用として栽培されています。
また、我が家も昔のようにいろいろな花を咲かせたいです。


PageTop

アカフサスグリの実

ここ暫く、メッセゲさんの薬草の本にこります。
私は本を読まないとすぐに忘れてしまいますので、

ア行ー  アカフサスグリ
この薬草アカフサスグリは夏になると甘酸っぱい味の
真っ赤な小さい果実の房で生垣をかざります。

原産地はスカンジナ半島でスエーデンやデンマーク人は
これをリブスとかリプスとか呼んでいます。

このスグリはいろいろな種類があります。
フランスではサバのスグリ・とげスグリ・生垣スグリ・
緑スグリ・アカフサスグリ・普通スグリ・三月ぶどう・
グロワスグリ・ガドリエ
その他にたくさんあります。

でもサバのスグリ、奇妙な名ですね。このスグリは中世に
この実を使って魚の味付けにしたとか
特にサバの味付けに使いました、
スグリは便通をよくする強い力があります。
ジュースにしてもそのまま食べても良いし、ゼリーやシロップに
しても良いのです。

このスグリは腸と肝臓の充血をいやす、消化器官の機能不全
からきた皮膚病を好転させます。リウマチや痛風 尿道炎 ハシカ
などを良くする上で威力を発揮します。

スグリを売っているところがあれば買いたいと思います。
なかなか近くにはこのようなこもは売っていないので残念です。

私はどちらかというと便秘症なので、いろいろな野菜を使って
毎日ジュースをつくっています。
{メモランダム}
フサスグリという果実は
枝条にとげがつかないところがスグリとちがいがあります。
いづれもジャムなどにされます。
原産地のスカンジナ半島はどこにあるか、興味がわいてきました。
そこに暮らせたら、きっとゆっくり生きられるかも・・それは夢です。
検索して調べてみよう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。