ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

飽和脂肪

癒す心治す力    アンドレーワイル博士著より
医学博士ハーバード大学植物学、民族精神薬理学研究員
自宅で自然医学及び予防医学の診療にあたっている。

ダイエットはアメリカでも日本でも関心があります。
私もその一人ですが、ある程度やっていると忘れがちになります。
この本の17章で 成人男性のためにというところで、
今の社会では女性よりも男性の方が寿命が短い、40代50代で
心筋梗塞になりやすく、また暴力事件を起こしたり、事故に巻き込まれ
たり、犠牲になることが、女性よりも男性の方が多いのです。

アメリカで、肉とポテト式の食事にこだわっている人は男性の方が
多いです。

野菜でも高脂肪のドレシングをかけた野菜はいいが嫌いという人が
圧倒的に多いのです。博士のプログラムに厳密にしたがうべく
努力すること。
特に動物性食品の摂取を減らし新鮮な果物と野菜をふやすこと。
飽和脂肪について勉強すること、といいます。
西洋社会の食事ではチ-ズが飽和脂肪の主要摂取源になっている。
また、ビーフの脂肪酸は特に心臓の血管に有害であるという。

定期的にトマトおよびトマト製品を食べること。
トマトに含まれているリコペンは成人男性に多い前立腺ガンの予防になる。

飽和脂肪の勉強といってもむずかしいのですが、日本人の先生も飽和脂肪に
ついてお勉強しましょうと呼びかけている人がいました。
早速コピーして読んでいるところです。

スポンサーサイト

PageTop

クレソン

クレソン (ウォータークレス) メッセゲ氏の薬草

クレソンはサラダに使われたり食事には馴染みの植物です。
この植物もハーブです。
ミズカラシとか 健康草 とか呼ばれています。よい名前でしょう。
クレソンは多年草できれいな水を好みます。
メッセゲ氏の生まれた故郷フランスでは水ニンニクとも呼ばれて
いるそうです。

この植物は浄化作用がありますので、毎日このジュースを朝
グラス一杯飲みますと体内の毒素が排出されます。
それにビタミンCが豊富です。

糖尿病の人の血糖値を下げます。
また甲状腺を患っている場合でもこの植物は特に良い植物といいます。
<疲労回復ジュース>
キャベツ・クレソン・ホウレンソウなどの疲労回復作用のあるこの
ジュースを飲むと良いです。

PageTop

静脈溜

今自分の体で心配しているところは足です。
怪我をしてそこが具合がわるいのです。
今まで全然心配していなかったのに、足の病気の人の
噂をきくと気になりはじめました。
静脈溜とか静脈炎の病気で最悪の事態になった人の
話しを聞いたりするとおそろしいのです。
今日は陽気もわるいので、そう思うのかもしれません。

静脈炎   メッセゲの薬草治療 
アザミ・イトスギ・スミレ・セイヨウノコギリソウ・ニンニク

一リットルのお湯にニンニク球一個・アザミ一にぎり
セイヨウノコギリソウ一にぎりを入れて作った煎剤で患部を
湿布する。
*静脈炎の病状はまだ見たことがないのです。

静脈溜
浄化作用・強壮作用・のある植物が適しています・
アルニカ・イトスギ・エニシダ・カキドオシ・スミレ・サンザシ
セイヨウノコギリソウ・バラ・ヒメオドリコソウ・マンネンロウ(ローズマリー)
メボウキ(バジル) ・薬用サルブア

二リットルのお湯ニサンザシ・エニシダ・バラ・各一にぎりを浴用剤を
つくります。
そして、手浴をします。
●足浴は厳禁、危険な場合があります。
私はこの病気の病状は見たことがないので検索しました。

この病気は女性に多いといわれています。
15歳以上の男女を調査すると、この病をもっている人は、30歳以上の
女性中62%の女性とデーターがでました。
美容によくないので、治療するとよくなりきれいになります。
(心臓血管外科)
明治のことですが、私の母の父親、おじいちゃんですが
その人は自然治療家でした、店も出していました。
自分でも薬草を作っていました。
当時は見放される病もあり、おじいさんのところへきます。

血管をどくだみで毎日、患者の足を洗ったり、どくだみを飲ませたりして母から
治った話しを聞いたことが思い出されます。自然療法では根気よく治療し
長くかかったでしょう。想像ですがそれは静脈溜がひどくなったと思われます。
幸現在は医学が発達していろいろな病を治すことが出来ます、
ますます進歩するよう祈らづにはいられません。

PageTop

サンダルウッド (白檀)

サンダルウッド(sandalwood) 白檀
インドのサンダルウットと言えば有名です
昔のインドは国全体にその木が生えていたと聞きます。

サンダルウットはバランスを整える作用がある。
不安やストレス,狂騒状態にある人、他人と接触する気持ちに
させる作用がある。
孤独を乗り越えることが出来るようになる。
この植物は結核菌に対しても強力であるといいます。
サンダルウットは東洋の文化で聖なる香りとされています。
我が家では、白檀をポプリの袋に入れて仏壇に捧げています。

効能は 抗菌性、排尿、不安、神経緊張、孤立感、
インドでこ木を伐採して、また苗木を植えても80年100年と
かかるそうです。
そのために輸出を禁止にされています。

私がアロマ教室に通っていたころの話しですが、
木を伐採してしまうと,その木は終わりになるので、葉を使う
ようになりましたという先生の話しでした。
泌尿管系には非常に強力な殺菌作用がありインドでは
2500年も使われてきました

咳でのどが痛むとか、かみそりまけにもよく、それを引き起こす
細菌を抑制するのです。
また、結核菌にも強く。結核には太陽によくあたると良いといわれます。

* マサージオイル   レシピー
  オイル   20ml
  パルマローザ   3滴
  レモン        1滴
  サンダルウッド  6滴

* 明治の哲学者、ヨガ行者  中村天風 先生は結核に患いながら
  数奇な運命をたどりました。
  イギリスで出合った、インドのヨガ聖人ガリアッパ師に弟子入りし
  ヒマアヤ高峰で2年間ヨガ修行をし、結核も治り日本に帰国しました。
私は先生が結核が治ったことは、厳しい修行しインドの空気や食事療法や
よい環境 いろいろと体に良い生活があったと思います。
当時インドはサンダルウッド木が多く生えていたことも助けになっていたのでは
と自分勝手に思ってしまうのです。


PageTop

すみれ

P3280021_convert_20080328155814.jpg


今日は花治療の為に千葉の花の美術館へいきました。
一ヶ月前にいきましたときはまだ花も、ところどころしか咲いていなかったのが、
今日はきれいにさいて、特にすみれの花が数多く咲いていました。
すみれの花の種類は沢山あって、その香りはとてもいいのです。
すみれにも効能があります。
咳、不眠症,、頭痛、を軽減したりします。
すみれは高ぶった気分を鎮めて、精神中のバランスを整える効果があります、
花にはクマリンやルチンがふくまれています。
今日は花の美術館は賑わっていました。
すみれの花の匂いをかいていると気分が落ちついてきました。
すみれを検索すると、花の種類が多いので、限りなくありました。

PageTop

悲嘆のときに

悲嘆 <Grief> 辞典よ

悲嘆を 鎮めるに役立つものとして、いくつかの精油があげられて
います。
この場合は精油というよりも治療家の愛情のこもった介護だと
信じています(パトリシア先生はいいます)
精油の一つを使い沐浴か一・ニ・の精油でマッサージで
なぐさめられるようです。

バラは精油の中で最高ですという、または安息香とあわせて
使います。
人の別れの後とか孤独感によって悲嘆にむすびついたとき
使用すると効果があります。
人に死別したとき、強いうつ状態になるときがあります。
そういうときはカウンセラなど役にたつと思います。

私も両親と死別したとき強いうつ状態になったときがありました。
もっとこうしてあげればよかったという後悔なのです。
なにか、神経が不安定になり、急に泣きたくなったり用事が
手につかなくなったりし普通ではありませんでした。
そうしていると、家族にも悪い影響があります。

後悔は先にたたずという言葉がありますがその通りでです
その 埋め合せを苦労としてズーットいろいろ体験していると
思うのです。
そう思えば苦労も苦労と思えなくなります。
悲しみが多い人ほど人の悲しみがわかるといわれますが
体験ばかりでなく、子供のころから正しい愛ある考えかたを身に
つけなければならないと思います。
私はこの年になってもまだまだ身についていない、事柄がたくさん
あります、死ぬまで学びですね。

<心に抵抗力を強くする マッサージオイル>
ラベンダー   20滴
ベルガモット   5滴
50ミリリットル オイルを加えて出来上がりです。
高齢になると、フランキンセンス精油がよいといいます
若返りにもなります。

または、バラ、 安息香 のブレンドマサージオイル

安息香はベンゾインともいいます。(benzoin)
心理的な面は 不安状態やかなしみのとき孤独、な
人にむきます。

PageTop

痛みにたいして

痛みにたいして
マギー先生のレシピー参照
アロマテラピーの本から 何種類か
 *やけど 、
熱湯のやけどやちょっとしたやけどのとき
ラベンダー油を1滴2滴患部につければ痛みは
うすらいてきます。
それを繰り返します。
重度のやけどはお医者へいって治療します。
お医者の来るまでラベンダー油を10滴おとしたボール
一杯の水にやけどしたところをひたして置くと良いのです。
急なことなのでなかなか難しいですね

* 頭痛には
ネックから肩にかけてその筋肉にラベンダー油を少しすりこんで
マッサージします。
頭痛がとれます。
偏頭痛におそわれたら、テッシュペーパーにペパーミントを
おとしてかいても良い。
私はちょっとした偏頭痛のときはレモンバーベナ・レモンバームの
ブレンドハーブティを飲みます。

*歯痛には
昔からグローブ油が歯痛にたいして用いられていました。
コットンにこのエッセンスを1滴落として歯の痛いところにあてる。

* 口臭、
いろいろな原因があります。
心配をかかえているときとか神経質になっているときとかに
うがい薬を作ると良い
フローラルウオターと同じやりかたでうがい薬を作る
<うがい薬>
ペパーミントオイル1滴
レモン1滴
これを300ccの水におとして出来上がりです。

* フローラルウォータ
フローラルは簡単に作れます
クレンジングをした後の顔にトニックとしてつけます。
①普通肌用 
ゼラニウムオイル 4滴
ラベンダー     6滴
50ccのミネラルウオータ or 精製水まぜて出来上がりです。
②脂性肌用
ベルガモット油 6滴
ラベンダー    4滴
これらを50ccの水にまぜて出来あがり。





PageTop

から松

樹 (パウム) ドイツ  の本  
スザンネフィッシャー・リチイ
ドイツ生まれ アロマテラピー・自然療法者 現在ドイツで
ブームをまきおこしています。
9歳のときから薬草に関心をもっていました。
スザンネ先生はアジア長期旅行をしており、チベットの本草学に出会い
薬草研究所で漢方治療の手ほどきをうける。
*   から松
私はから松林は実際に見たことはありませんがこの木は陽の木に
属し明るいそして人間にやさしい木なのです。
ヨーロッパでは昔から松から作られる香は災厄から身を守ると
信じていました。
から松は他の針葉樹と違って充分生育するには光が必要で
そのために森や林は明るいのです。
この木は害虫にも強くどの松よりも硬く、家具や壁の張り板、ドア
に製造しています。
* 医療用途
針葉樹は植物性生薬で最も需要のあるひとつです。
木に孔をあけてそこから流れ樹脂液を集めて精製します。
これは、体を温め、症状を和らげ、殺菌効果もあります。

から松樹脂は現在でも軟膏製造に用いられている。
樹脂は血行を良くし殺菌作用あり、
から松軟膏は、リューマチ性の痛み、ぎっくり腰、神経痛、傷口消毒
胸部塗布の補助手段として害のない薬になる。

から松軟膏の中に,はしばみという薬草を入れる、初めて聞く名です
調べてみると
はしばみとは、ヘーゼルナッツの仲間の植物なのです。
和名がはしばみです。

私は12歳ごろ 北原白秋の詩をはじめて読みました。
から松の本を読んで思い出しました。
なんときれいな詩なのだろうと、何回も読んだものです。
から松
からまつの林をすぎて
からまつをしみじみと見き
から松はさびしかりけり
たびゆくはさびしかりけり

からまつの林を出でて
からまつの林を入りぬ
からまつの林にいりて
また細く道はつづけり

私はから松のミニミニ盆栽を買いました。
この本にから松は明るい木とのべていた通り松葉は黄緑色をした
きれいな葉です、



PageTop

白内障予防

眼科のお医者さんの本を読みました。
眼病は現代病であるという。
テレビやテレビゲーム、パソコン、受験勉強などです。
私は子供のときから目は良い方でしたが、お医者さんに
聞きましたとき、目が良すぎて疲れて悪くなるというのです。
夏の外出にはサングラスをかけた方がいいですと言いました。
また,空気の汚染などもよくないです。

私は血圧を気にしていますが、目にも眼圧があります。
上がるために、視神経障害がおこるのです。
見える範囲が狭くなるのです、そればかりではなく
外出する範囲も狭くなりさびしくなるのです。
高齢になると、白内障は一般的には、60歳代では6割以上
の人が、80歳代で、ほぼ全員なるといわれます。
この本を時間をかけて読んでみようと思っています。

昔は紫外線にあたりなさいといわれていましたが、
近頃は紫外線は害があるので予防するようにといいます。
ハーブの大御所は必ず外出するときはお化粧をしてください
とすすめます。
粉化粧だけでもいいらしいですね。

私は予防としてハーブティを飲んでいます
このハーブは目にも良いとのことです。
*  白内障予防のハーブティ
ビタミンCが多くはいっている
ローズヒップとハイビスカス(3g)のティです。
そのハーブティを5人分用ぐらいの熱湯をいれ少しハチミツをいれ
何時間かおいて、出来上がりです。
ハイビスカスが入っているので時間がたつとすごく濃くなります。


PageTop

img324.jpg

マギー・ティスランド著 より
上の写真は マギー先生の本をはじめて購入した中に
でていた写真です。
とてもすてきですね。
イギリスのアロマテラピスト(芳香療法)のエキスパートです。

マギー先生は女性の苦しみや人に言えないこと、薬局や
医師に聞くのも恥ずかしいことについて本にだしています。

女性は生理が毎月あります、これは病気でないが、不快感が
あります。軽い人、重い人いろいろあります。

マギーさんはオイルを作ってマッサージするのもよいでしょうと
いいます。

*生理痛マッサージ
 クラリーセージ15滴  50ccの植物油に加えて出来上がりです。
女性の多くは生理がはじまる2.3日前から、緊張し いらいらします
軽い人もいます。
ひどく傷つきやすくなりちょっとしたことで泣いてしまうこともあります。

この時期には
クラリセージ油・イランイラン油・ラベンダー油が有効です。
お風呂にれてもいいのです。
また、何かの容器に熱湯をいれこの精油を2・3滴蒸散させてもよいのです。
この精油をテシュペーパーに2~3滴落として身近なところに置く。

*バラ油も良いのです
ばら油は心を鎮めます。感情を癒す力がありますので
ばら香水もよいと思います。
ばらは10世紀アラブの偉大な医師アウィケンナが最初にばらを蒸溜した人物
とされています。


PageTop

メリッサ


img319.jpg


メリッサ
学名 Melissa Officinelis
別名 Lemon balm
和名 香水木  西洋ヤアハッカ
ミントに似ています、香りはレモンやライムに似ています。
レモンバームとも呼ばれています。
ギリシャ語でハチミツを意味します。
原産地は地中海の東海地方です。

効能
心 ショック 、パニック、ヒステリー
鎮静作用があり、弱っている心を明るくする作用もある。
メリッサがすばらしい働きをしていけるかを理解したのは
特にアラビアの医学者たちです。
この医師たちはメリッサを(強心剤}で心をしっかりさせて
動悸をしずめる作用があることでを知ります。
すべてが生命機能を強化し、神経衰弱、不安神経症、
強迫観念、神経性頭痛、記憶喪失などを吹き飛ばす
力があるとしました。
人間を元気にします、 どんなふさぎ虫にとりつかれた
人でも生きる喜びを取り戻してくれます。
メッセゲ氏は
この魔法の草を皆さんにおすすめしたいと思いますという。

不規則な胸のどきどき、しめつけられるような胸の苦しさ
耳鳴り、めまい、いらいら、などに効果あります

* メリッサの煎剤  神経発作、めまい、頭痛
お湯1リットルに対して草1にぎり煎じます。

* 葉でなく精油をつかう アロマテラピーでは
心理効果 (辞典引用)
周りからは思いある人にみえるが実は嫌われたくない
心が、他人に気を使いすぎて、親身になりすぎて
魅力にみえるがその裏では、自分をさらけ出すまいと
しているため、緊張して肉体的に影響があらわれ神経
過敏になり、いろいろな病になる、
メリッサを使うと自分らしさを表現できるようになる。

私も若いときはそういうところがありました。
嫌われたくないという気持ち、自分のわるいところを
さらけ出したくない、気位のたかいところが
自分の実力とあわないので、悩みの種になって
いました。
この年になって自分が分かるようになりました。
でも、まだまだなにがなんだか分からないことだらけです。










PageTop

リラ

img320.jpg


リラの花を
フランスではライラックといいます
私が写真を写すことが出来れば写したい花です。
昔若いころリラの花咲くころという歌がすきで歌っていました。

♪ リラの花が胸に咲く今宵
   ほのかな夢の香りに
   ああ 思い出の香りに
   遠く遥かに聞こえて来るよ

この歌をうたって楽しんでいました。懐かしく思います。
(メッセゲ氏本引用)
この花は北海道の札幌市の花になっています。
本州では不向きのようですね。
メッセゲ氏はこの花を玄関の近くに植えてくださいといいます。
我が家では絶対に無理でしょう.
この木は樹高10mに達することもあります。
原産地はヨーロッパ、パルカン地方
リラという名はアラブ=ペルシャ語の「リカーク}からきています。

リラは全体にわたっておそろしく苦い植物です、なんでも食べる
ヤギでさえ敬遠します。
でもこの苦味が、解熱にきわめて有効で、強壮作用、消化器系
全体を丈夫にする作用があります。
とはいっても、私には高嶺の花でしょう。
香りもよし、うつくしいリラの花、どこかで咲いていたら見に
行きたいと思います。

PageTop

ホウレンソウ

ホウレンソウ 
船乗りのポパイが大好きな野菜です。
漫画や雑誌でみました
ホウレンソウを食べた人がとたんにヘラクレス
みたいな力を発揮するマンガやTVマンガなどで
みたことがあります。
この野菜はテンサイの近縁の植物でそのもとの形も
もうわからなくなっています。

テンサイという植物とは
ピートという砂糖用品種群です。
私はピートは何かと思っていましたが検索して分かりました
この間ジュースを買って内容をみましたらピートと出ていました
ので、これは砂糖大根のことだと分かりました。
甜菜糖と書きます。

現在のホウレンソウはスペインではすでに11世紀から、
フランスでは13世から栽培されていました。
ホレンソウは葉緑素とたん白質に富んでいます。
そればかりでなく、体内のあらゆる分泌をうながしてくれます。
(胃や肝臓、膵臓)
この植物には,多量の鉄分がふくまれ、リン・マグネシュム、ヨード
などたくさん含まれています。
メッセゲ氏は このホレンソウを子供や青少年貧血に悩む
人やあらゆる慢性病に苦しんでいる人にお勧めしたいといいます。

私は以前ホウレンソウを作ったことがありますが、うまく
できませんでした。いろいろ苦労しました。
無農薬で野菜をつくるのには、自分で作るのが一番ですが
なかなか大変なのです。今は買って食べています。
農家の方に聞いたのですが、冬の内のホウレンソウと小松菜
は無農薬でできますと教えてくれました。
週に何回と決めて食べています。

こんなに良い野菜でもいいことばかりはないですね
この野菜にはシュウ酸が入っているので、
痛風やリウマチ患者や関節炎患者は召し上がってはいけません
とメッセゲ氏はいいます。
ホウレンソウはゆでてから必ず水で洗いながさなければいけない
と言われていましたがそのためなのかと思います。

栄養があるのでほんの一つまみでも食べたいです。






PageTop

シラカンバ(白樺)


シラカンバ (白樺)
フランス メッセゲ氏の本引用

千昌夫さんの(♪ 白樺青空南風こぶし咲く♪ の北国の春
のあの白樺ですね。

シラカンバ(白樺)この木はインド・シベリアで魔法の木と
されていました。
白じゅすのような幹をし乱れ髪をおもわせるシラカンバは
フランスでは地方により知恵の木として中世の教師はその枝で
生徒をたたいたそうです。

12世紀フランスで植物療法に詳しい偉大な女性 
聖ヒルデガルはいつまでも治らない外傷にシラカンバの花を
進めています。この本によりますと、
頭皮を保護する頭髪の抜け毛をおそくすることが出来ます。
腎臓結石、膀胱炎、リウマチ、痛風,たん白尿,蜂か織炎等
効能あります。
{浸剤}
葉を使い利尿剤として用いる
一リットルのお湯に一にぎりの葉を入れて作ります。

白樺の葉は身近にないのです。
ハーブ店を探してみたいと思います。

アロマテラピーでは
シラカバはバーチと云う名で呼びます。

PageTop

ゴボウの効能

img318.jpg

フランスではゴボウにいくつかも俗名がつけられて
います。
*薬ゴボウ *猫掻き草 *髪つかみ草 *グラットー
*頭の皮膚病の草 *ベニロン *ドーク 
*こっぱつかみ草 *ロバのキャベツ *ロバの耳草
*巨人の耳草など 
面白い呼びかたがあります。
メッセゲ氏の本は面白さがありますのでついつい読み
ふけってしまいます。
でも、メッセゲ氏はこの本は一気に読むのではなくて
どこか悪いところがあったら そのところを読んでみてください
といいます。

昔、メッセゲ氏のお父様のところに、ねぶとだらけの農民が
訪れました。 その人の苦しみはひどいものでした。
お父様はゴボウの煎剤をつかいました、またゴボウのチンキ
剤と浴用剤を用いました。

この植物は利尿作用や発汗作用があります。
とくに 皮膚病には非常に有効です。
頭部皮疹 も有効です。
また、頭部がはやばやとぬけるのを抑制する効能がある。
*ゴボウの煎剤
 ねぶと等の皮膚病に対して内服するものです。
 なまのゴボウを使います
1リットルのお湯に輪きりにした根ととりたての葉を一にぎり
いれます
一日分ティーカップ二~三杯です。

日本ではゴボウは野菜ですが
フランスなどではゴボウは野草なのです。これを野菜として
食用するのは日本だけのようです、
ヨーロッパやアメリカでは慢性水銀中毒の治療にも使って
いるようです。
私は以前やはりねぶとができて痛くて困っていました。
ゴボウのハーブティがありましたので飲みましたら
三日たった頃痛みも消えて楽になり、忘れるように治りました。

そのハーブティはゴボウにウイキョウがはいっていました、
毎日のおかずもゴボウを使いたいと思います。

PageTop

アーユルベーター・ギムネマ

ギムネマはインド原産で男性、女性の肥満防止に
健康食品として出ています。
インド原産の葉っぱです。 イモ科多年草でつる状に
なっていて全長は2-3m 木にからみついて成長する
植物です。

最近は健康ブームでダイエットと云って何でも出せば
うれるという。

私は以前ギムネマを買って飲んだことがあります、
驚いたことに甘いものでも甘さが感じられなくなります。
なんだか分からないままに続けていましたが、いつの真に
飲まなくなっていました。

また、ハーブブームでこの葉がいろいろな本に現われました。
今度はもう少し調べようと思います。
原産地は、インド、中国西南、フィリピン、オーストラリヤ、その他の
亜熱帯地方のも自生しています。

インドには{アーユルヴェーター}という2000年以上歴史があります。
その薬草の一つでインドでは糖尿病の治療に使われています。
私達は、ご飯やパンを食べて、それが腸や胃で消化されて、
ブドウ糖が出きて、それが腸で吸収されて、血液中にはいり各
細胞へと運ばれます。
ブドウ糖は大切なエネルギー源ですが多過ぎると肥満のもとに
なります。
ギムネマの働きはブドウ糖が腸に吸収される速度を穏かにするの
で肥満防止になり、血液中のブドウ糖の量は一度に増えないから
血糖値は上がらないことになります。
しかし、まだまだ分かっていない部分があるらしいので、誰にでも
良いといえないが、とは言え 効果があることは事実なのです。
(薬学博士 田村哲彦博士の本を引用)

私は以前{アーユルヴェーダー}の講義を何回か受けたことが
あります。
ニューヨークからきた先生ではじめの言葉は{人間はオギャーと
生まれたときから死に向かっています}といいました。
分かっていてもそれにはドキットしました。
{私達は一日一日を大切に生きなければなりません、
女性は着飾ったりしたってだめですよ、
心の底からきれいにならなければいけません。」といいました。
私は「心の底で、そんなこと言ったって私はお化粧しなければ見れないもの」
と反発していました。


PageTop

雅歌

明日、3月3日 は桃の節句
桃の節句の起源は平安時代に遡ります。
平安時代はこの節句の日に野山へ薬草をつみに
いきます。
宮中から武家社会に広がりました。
きちんとお祝いできれば一番いいのですが、子供も
大人になったので省略してしまいました。
節句は女の子の災難よけにするそうです。
今度は災難よけにポプリを作っていましたがそれも
省略気味になりました。
今年も間に合わなくなって3日には出来ません。

3日すぎても作ろうと思います。

お雛様のポプリ { 雅 }
レシピー

*バラ  *ジャスミン  *コーンフラワー
*ラベンダー *シナモン *クローヴ *コリアンダー
*乳香 *没薬 *安息香
*ベチュバー 根 *白檀
*ローズオイル *オレンジオイル *マリーゴールドオイル

これだけ、材料をそろえるのですから早くからそろえないと
間に合わなくなります。

私の人格は足りないところが一杯あるのです。



PageTop

今日は日曜日,久しぶりに素人のど自慢チャンピオン大会
を見ました。
チャンピオンを決めることができないくらい皆さんお上手で
した。
チャンピオンになった方は声がきれいで、すてきな女性
でした。
苦しんでいたときに(月光}という曲に出会いましたと
話していました。
どの人も苦しみや悲しみを乗り越えたドラマがありますね。

そのドラマがその人の味となって歌われていました。
私はテレビを見ながら共に泣きました。
とても感動した番組でした。

PageTop

百合の花を贈る

昨日知り合いの人から糖尿病の話しを聞きました。
年々増え続けているそうです。
病気になるとだんだん薬物投与が強くなっていく
と聞きます。
また、食事制限もあり、大食家が一気に食事制限
すると、やせすぎて体力がないように見えます。
食事制限したことで、栄養が急に少なくなって、別の
病がおこるかもと心配になります、

親類でダイエットするのに入院しました。
退院して少したって亡くなりました。
私は息子にダイエットして死んでしまったと告げました。

息子は「いや違う、それはダイエットではない、別の病で
しょう」と言いました。
やせただけでは健康ではないですね。

なんとか良い方法はないものかと考えています。
あるブログではこれからの時代は自分で健康管理を
しなければいけないと出ていました。
やはり家庭では食事でしょうね、
食べすぎないように気をつけなければなりません、
ついつい誘惑にのって食べてしまう悪いくせを治したいです。
目が悪くなったり手足を切断しなくてはならなくなった方たちが
お気の毒でなりません、他人ごとに思えないのです。

私は花の公園へいくのが好きで、花治療のためにいきます。
この間は千葉の花の公園へ行き花の香りをかいてきました。
{片桐義子先生の本}で学んでいるのです、
糖尿病に良い花は  ユリの花です
中国の(本草網摸目}の中にユリの花も根も東西南北に伸びて
いるゆえに別名 チャンケイといいます.。
百年和合願い平和でおめでたい意味で百合の花と名づけている。

なるほどと思います、中国では吉日には百合の花を贈ります。
大根やかぼちゃの花を食べるとよいというがなかなか手にはい
ないので
片桐先生は糖尿病の方には百合の花を贈られるとよいといいます、

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。