ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

アーティチョーク

img541.jpg

アーティチョークの花 (感じるハーブ)外山たら先生の本より
アーティチョークはコレステロール値、中性脂肪
血糖値を下げると言われているハーブです。
私にピッタリのハーブですね。

フランス料理に使われていると言われているという、
どんなお料理なのか一度食べてみたいです。

栽培は
繁殖方法は4-5月ごろタネをまく、
本葉5-6枚出たら定植します。
葉や葉柄にアブラムシが群生します。
私も育てようと思っていましたがそれを聞くと気おくれして
実行できるかどうか分からなくなりました。

実行力のない私は出来上がったものでも良いと思うように
なり、家にあるパンフレットを探しました。

いろいろ探しているうちにやっと見つかりました。
フランスのハーブティ、です、(アーティチョーク)
プロフィダイエット社の,有機無農薬栽培や野生の植物を原料に
した製品です。

この会社はフイトテラピー(植物療法)製品の提案を続けて
おりますと記しています。

アーティチョークハーブティは肝臓の働きを助け胆汁分泌促進する。

また、ドイツの、ハーブ濃縮エキス
種類は沢山あります、
アーティチョウクは 肥満の予防、消化器不良の改善、
コレステロールと中性脂肪の低下とダイエット効果。

実際にこの花を食べてみたいです。

スポンサーサイト

PageTop

ハーブ研究

img540.jpg


外山たら先生

私はお名前は存じていましたが、くわしくは知りませんでした。
たらという名が珍しく覚えていました。

この間 「感じるハーブ」外山たらという本を買って読みました。

外山先生は ハーブ専門家  農薬を使わない野菜作りにハーブ
が役立つというという英国の本を知ってそれ以来無能薬の野菜の
研究している先生です。
東京でハーブ塾を経営し、そこで作った野菜でレストラン併設して
、レストランは大人気満員だそうです。
私はうれしいのです、いろいろな立派な方がハーブを研究されて
いることを知り、教わりながら、知識を広めたいです。

この本の中に
アーティチョークという花がでていました。
この花は、血中のコレステロール値、中性脂肪値,血糖値を
下げると言われているハーブです。
アーティチョークは身体のゴミ処理機能として役立ちます。
(ただし、胆石などの障害がある方は禁忌です)
フランス料理にも使われています。
日本には朝鮮半島からやってきました。

私は3ヶ月に一度血液検査をしていますが、コレステロール値と
中性脂肪値が多いのです。
コレステロールは善玉と言っていましたが、善玉でも多いとよく
ないらしいのです。
アーティチョークのドリンクでも探して飲んでみようかと思っています。

PageTop

森を作ろう

img538.jpg
三鷹の森 (東京都)星野伸 様提供
img539.jpg
PHPより
今生きている幸せ
昨年のPHPの本でCWニコル先生の文の中で
誰でも幸を求めているがみつからづにいる人が多いという、
幸せになりたいがなれないのは、それは不自然なのでやりたくないときは
やらない、自ずとやりたいことが見つかるというのです。
確かにそうかもしれません。
私もやりたくないものはすすんでやらないタイプです。
ニコル先生の言われることは本当に有難いと思うのです。以前ニコル
先生の本で森に一歩はいると、血圧が10~20下がるそうです。
先生は
長野の黒姫に土地を購入して森を作りました。
アフアンの森と名づけました。

私の住んでいるところは千葉県ですが市で市民は他県のもりへ行きましょう
という広告がありました。
それは良いのですが、老人になったり、障害者になるとなかなかいかれませんね。
市税があれば街に森を作ると良いと思います。
街周辺に木をうえ、クローブの木などをうえ,細菌予防になり市民の健康に大いに
やくだつとおもいます。

ポーランド民謡 (シュワ・ジュウェチカ)森へ行きましょう

森へいきましょう 娘さん  アハハ
とりがなく あの森へ    アハハ
僕らは木をきる、きみたちは
草刈の しごとに

ラララララララ  ・・・・Lalalala

思わずパソコンの前でいい気分で歌ってしまいました。

平坦地で山がない我が街でも小さな森を作れたら、市民の
健康に役立ち幸せになると思います。

PageTop

セント・ジョーズワート(ハーブ)



セント・ジョーズワート (英名) 西洋オトギリソウ(和名)

精神の安定を取り戻すハーブ 衣川先生の著を読みながら

自然の恵みで育つセント・ジョーズワートなら、副作用
心配はありませんという衣川先生。
先生は現代医学の先生ですが、泉医学開業て自然療法
ハーブの普及につとめる。

ハーブの利用法についてのべています。 
ハーブとスパイスは同じものですという。
セント・ジョーズワーという ハーブは古くから人々に
薬草として珍重されていました。

中国では小連ぎょうといい漢方生薬として用いられて
いました。
日本ではオトギリソウ漢字では弟切草という
昔鷹匠が傷をおったときにこの薬草を使用して治して
いました。

近年、注目を集めている、うつ病に対する改善作用なのです。
うつ病患者は増えつつあります。 
現代社会では避けられないもの、職業のストレスが原因で起こ
りやすいのです。
本によりますと、このハーブでもエキスや食品にしてして飲用
してもよいといわれています。(セント・ジョーズワート)
ドイツでは重いうつ病の方は普通の2倍飲むとよい。
使用量をふやしても副作用がないという。

うつ病になったら誰でも不幸です。こういうハーブがありますと
いってお話しても名もない私のような底辺の人間がいっても
信用できないそんな人が言っても間違ったら、たいへんだと
おもえるに違いありまあせん、
ただ困ってすぎることは不幸です、、
お偉い先生の本を買ってよんだり教室や講演など積極的に
なって生きることをおすすめします。

私は20年前よりハーブの出会いがありました、
心無い人から、あの人はハーブやに入りびたりだってねーと
うわさされていました。
家族がなんとか元気で、すごせるようにハーブに夢中でした。
そのときのハーブの先生は人間病があっても、それが人間と
いうものですよ、と言ってくださいました。
けっして私をせめることはありませんでした。
薬草の勉強しなさいといわれました。








PageTop

歯肉炎 虫歯


歯痛
若い時代は歯痛に悩まされました。
よく歯を磨くのですが虫歯になりました。
年齢を重ねる事に虫歯はできなくなったのですが
その代わり歯肉炎のようなものが出来るようになって
悩むようになりました。

ハーブティで歯肉炎を予防
ウスベニアオイ・サルビア・タイム・ミントのティで
メッセゲさんのレシピで作りました。
それをうがいにして使っています。

予防法はいろいろありますので、他の先生のレシピを
見て作ります。
*衣川先生のレシピも見て作ってみたいと思います。
〔監訳)
ハーブ うがい剤
クローブを2.-3個をかんでもよい、
セージ・タイム・マーシュマロを
1カップに茶さじ3杯のハーブを使って作る、
うがい剤として用いる。

*歯肉炎の場合は
感染症 口腔衛生を心がける
原因である菌を減らすこと。
精白した食品や砂糖は歯肉炎を助長する、

*ハーブティでは
エキナセア・ミルラ
をそれぞれ、茶さし1杯ずつあわせ煎じてさましてうがい
薬を作る。

*アロマテラピー
ミルラ・ラベンダー を各3滴 湯冷ましに入れ
1日 2回 うがいする

衣川先生もとてもしっかりした治療法をされています。
私は衣川先生の本で学ぶのははじめてですが、
これから頼っていきたいと思います。





PageTop

妖怪

img537.jpg
日本の妖怪の本から


そろそろお盆に近ずくとテレビでも怪談ものが多くなりますね。
私の子供の時代は本当に多かったのです。
その時代は遊びが少ないのでそういうようなことで楽しんで
いました。また、小説などの話をして、夢中になっていました。
手作りの遊びが多かったようです。

北斎漫画で
夜な夜な古井戸から皿を数える女の悲しい泣き声が
聞こえてくるという、
この話はお芝居などの有名な怪談もの
子供のころはこのお話で持ちきりになったことがありました。
そのようなものは人の恨みなどが原因が多いようです。
子供のころは人に恨まれたり恨んだりしないようにしたいと
思っていました、人は完璧には生きられないものでしょうか。?
深く考えると怖い感じがします、でも自分で出来る範囲に
と思うのです。

怖い妖怪もあれば  楽しい妖怪もあります。
妖怪漫画で有名な 水木しげる先生です。
たくさん楽しい妖怪がでてきますね。










PageTop

ふくちゃん

img529.jpg
フクちゃん 生後2ヶ月になりました。
とてもおりこうなのです。
でも、人間の手などをかんで大暴れしますので、
夜はぐっすりおねむです。

誰も教えないのに、トイレもきちんとやっています。
離乳食もおいてあると自分でたべていますので、
楽になりました。



PageTop

しゃくちり蕎麦

img528.jpg

タイタン代表取締役
ウイッチームン オーナー の大田光代先生の本を
もう一度おさらいしました。
そばのページを開くとしゃくちりそばの効能がかかれて
いました。

ルチンが豊富に含まれている、
毛細血管を強化する、
高血圧や動脈硬化の予防になるビタミンCもある、
しみ、しわ、の予防

私はしゃくちりそばと言う名ははじめて、聞きます。
検索して調べてみました。
漢字で書くと赤地利蕎麦と書きます。

普通の蕎麦は一年草なのに、しゃくちり蕎麦は種の他に
地下茎でも増える多年草です。

私もそのしゃくちり蕎麦を食べてみたいと思います
なんだか、栄養豊富な感じがしますね。

PageTop

ヨモギ


ヨモギ キク科 ドイツの本を読む

 著者 スーザンネ・フィシャーリチイ

ヨーロッパでもヨモギは婦人病を助けてくれる植物です。
エジプトでもヨモギは女神様に捧げた植物です,
出産を楽にするのです。
古い薬草誌によるとヨモギは子宝に恵まれるように
と願ってつかわれたようです。

昔の医師たちは治療にヨモギの力をかりました。
昔の医師ヒポクラテス・ビリニュム・デイオスクリデスガレス
みな婦人病の薬にしていました。
この薬草は女性の下腹器官に対しこわばりをほぐす作用が
あるので,月経痛、膀胱炎などに処方されていました。

ヨモギは常の外用と内容の両方に、お茶、ワイン・粉薬、チキン
また足浴、座浴に使われています。
ヨモギを乾燥し、粉にして、カップ一杯の胚芽コーヒーに小さじ
一杯のヨモギを入れて飲みます。
ヨモギは直ぐに見つからないので、薬やで買ったりします。
現在ではどこの国でも同じで、この植物がどんな外見なのか
わからないようです。

灸につかうもぐさはヨモギの葉を乾燥させてうらがわの綿毛
をつかったものです。

日本では普段は治療というよりも、私などは、草団子とか
食べ物に使うだけです。

今日は草団子でも買ってたべたくなりました。





PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。