ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

img557_convert_20091101181054.jpg

img556.jpg

先日 千葉の花の美術館へ花を見にいきました。
以前はこの時期になると花はあまり咲かなくなりますが
最近は温暖化のせいか、花が多いです。
温暖化は良いのか悪いのか分かりませんが、花が多く
咲くのは花見の私たちにはうれしいことです。
花が少なくなるのは、これからかも、しれませんね。

秋の花の代表はやはり、コスモスや菊でしょう。
また、部屋にりんどうを一りんさして癒される花もあります。

このごろ、紫のばらも出回っています、 
丁度花の美術館へいったときにお花のデモンストレーションンが
あり紫のばらのブーケをみることができました。

美術館の裏へいてみると、紫のばらが咲いていました、最近は
実にきれいな花が多いてすね。

秋の花
カトレア・菊・金木犀・コスモス・クリスマスローズ・しおん・シクラメンつばき
パンジー・ポインセチア・リンドウ
見て歩けばもっとたくさんありほんの小さい花もあります、
小さい花でもはがきなどの押し花に使用して、捨てる花はないようです。


スポンサーサイト

PageTop

日光に当たる



にんにくは素晴らしい効能があります。    一部検索引用
私は若いころはにんにくは血圧を高めると思っていました。
でもハーブを知ってからにんにくは高血圧の人にも良いと
知り、体力がつくのが早いとのこと。

昔から結核療養所にはニンニクを用いているようです。
また,不治の病といわれていた結核もストレプトマイシンや
新しい新薬が戦後アメリカからはいってきたので
難病も治って生活ができるようになった人が多くなりました。

その後は結核のことはあまり聞かなくなりましたが
でも最近、また結核も流行ってきていると聞くと、恐ろしい
思いがします。

結核治療には
抗結核薬が発見される前は大気安静療法といって安静にして
栄養をとる方法しかなかったそうです。
それでは長期療養をしなければならないでしょう。
いろいろと薬を併用することによって肺結核では薬で治せる
ようになりました。
薬を併用しなければならないのはなぜか
その理由は結核菌は生まれながらにして薬がきかない菌が
少しあるのでそのためだそうです。
他の本を見ると結核菌はやっかいな菌で、しかし太陽には
よわいらしいのです。
大人 一日30分は全身日光にあたらければならないという。
アロマテラピーでは精油白檀サンダルウッド)がよいとでていました。
病は誰でもかかるものです、悲しみを繰り返さないように
したいものです。

PageTop

紫蘇の葉

先日 テレビで画家の大西さんジミーちゃんがアフリカで絵の修行を
しているところを、偶然みることができました。
我が家はジミーちゃんのフアンでイベントがあると必ず誰かしら
行っています。
がんばってくださいというと
お前もがんばれよと言われたと、、喜んで握手したと話してくれます。
ジミーちゃんは鼻がよくきくらしいので、我が家の者は出かけるとき
シャワーをあびていきます。それはなぜか?

テレビの放映の中で食事をしているところを見ました。
ご飯のなかに卵を入れて、醤油もいれマヨネーズを入れ紫蘇を
入れて食べていました。
なんだかおいしそうなので同じようにご飯を作ってみました。
紫蘇をいれたので栄養的に良かったと思います。
昔から紫蘇は栄養がありいろいろな食事に使われていますね
jimi.jpg
ジミーちゃんの初期の時代の絵 ジミーちゃんの神様

その栄養を調べてみました。
紫蘇の効果
ビタミンA ビタミンB2 ビタミンC、 ミネラルである 鉄とカルシュウム
その他いろいろ
注目効果
ガン予防、動脈硬化予防、いらいら解消、 不眠症、発熱
野菜の中でビタミンAとカルシュムの量が大変豊富である。
紫蘇は赤と青が有る、赤は梅干しや紅しょうがの着色に使う。
青、刺身のつまに使う、バジルの代わりにパスタに混ぜる。
青にはカロチンが豊富、その量は野菜のトップ、
人参と同じ程度、カボチャの十倍以上あるという、
これはすごいですね、

ryu.jpg
ジミーちゃんの絵
目覚めても、夢のまま

PageTop

食事は命

ずーっと以前外人さんが我が家に遊びにくるようになりました。
私は井の中の蛙でどうしていいのか分からず、悩みました。

その外人さんは私の国では出前というものがないので
全部家庭で料理をつくります。
パンにはいつも何か乗せて食べますと言ってハムや野菜をのせて
こうして食べますと教えてくれました。
その人の国では主食はじゃがいもだといっていました。

私は苦し紛れにハーブ料理の教室へ通うことにしました。
その前に九段に用事があって駅を降りるとなんだかおいしい
匂いがしてきました、その匂いをたよりにいきますと、あるビルに
入ると、何人かの奥様方がお料理を作っていましいた。
先生がどうぞお入りくださいといってくださいました。

そのおいしい匂いはバジルソースだってのです。
生まれてはじめての出会いでした。
家に帰って買った本をみるとその先生がでていました。

私も予約して毎月通うようになり、
グルメ栄養学の講義もありました。先生も素晴らしい先生で
親切で幸せでした。
名前をだしていいのかわかりませんが、本田先生という方でした。
その教室には何年も通っていましたので、学んだコピー用紙は
たくさんあります。
家族たちがまた先生のレシピーを使って食事を作ろうといいます

PageTop

つぼ草とは?

いろいろと検索しますと、つぼ草というお茶がでました。

私はこの草の名前ははじめて聞く名前です。
つぼ草は抹消血管の血流によいといわれる。
手足の冷えにとても良いといわれ、しょうがを加えるとなお良い、
脳年齢が気になる方 パソコンを使うと目が疲れる方。

つぼ草はインドのアーユルヴェターでは若さのハーブ、
脳神経を元気にする、
ヒマラヤでは左脳と右脳を整えるという、

この草は日本では石垣島しか栽培されていない本土には
出まわっていない、希小なお茶です。

また、イチョーはくたびれた脳、ヘットヒーリング
脳に働きかけるハーブ 緑茶、

イチョーは血管を保護し丈夫にする、
血管を拡張する
緑茶はビタミンに働きかける
ビタミンB郡 B1 B2 B6 B12

夕食には納豆や卵、海苔をたべる
ハーブティには レモングラス-2 レモンバーム1 アップルミント
をブレンドする

PageTop

西洋ノコギリソウ

img553.jpg


メッセゲさんのお話と薬草
ギリシャの英雄の勇ましい、アキレスはトロイアを攻めたときに
美貌のパリスの放った毒矢でかかとを射らレ、死の重傷を
負ってしまった。
女神アプロデーは涙ながらにこの西洋ノコギリソウをすすめた
という物語がありますが、
西洋のお話はこのよう話が多いですね、
女神とか魔女とか魔王とかが現われておもしろいです、
m.jpg

ポーランドの魔女人形

この草はローマカミツレという薬草の親類でさまざまな、フランスの
俗名がある。
傷のための草、大工の草、軍人の草,鼻血草,等がある。
さまざまな俗名でどういうことで用いていたか、なんとなく
わかります。

この草の性質は血を止める力です。
心臓の病や、狭心症の方、胸に痛みある方、尿道結石などに
浄化作用があるという。
鑑賞用として庭に植えてもよい。
浴用剤として使用する。
内用はあまり好まないと言われます。



PageTop

マヨナラのお茶

img551.jpg


私は血圧はどちらかといいますと、高めになりがちです。
それは、神経的なことが原因かもしれません。
マヨナラ(スイトーマジョラム)のお茶は血圧を下げます。

フランス自然療法者のメッセゲさんは庭にマヨナラをうえるべきといいます。
マヨナラを植物の鎮静剤としてすすめています。
忙しい、現代社会では、ノイローゼ、不眠症、心悸亢進、不安神経症
胸くるしい
それは、どんな人にもあるといいます。
子宮、内臓諸器官(肝臓・脾臓)あらゆる機能不全に効果あるのです。

結膜炎・打撲   鼻の病気にも効能があるとメッセゲさんはいいます。

1リットルのお湯で干したマヨナラを5-10つまみ入れてティカップ1ぱい
飲むとよいのです。
私は3年前に結膜炎になりました。
この病は残念ながら治療はないといいます、
眼科はどうか分かりませんが内科では自然になおります、
心配なら眼科へ行ってくださいといわれました。
そう言われて少し安心しました。

治し方はたくさんあります一生懸命にやりましたがすっきりしません。
ある漢方薬をのみましたら3時間で治りきれいな目になりました。

ハーブのマヨナラは結膜炎にも効能があるとありましたので
マヨナラも私のお茶に加えようと思います。
マヨナラはあまり、ハーブティのレシピーには加わっていないようですが
偏頭痛のレシピーにありました
<菩提樹・マージョラム・ラベンダー・ローズマリー >
ハーブは直ぐに治るわけではないですが、根底から治すことかしら?

PageTop

セージのハーブティ

img549.jpg

知人からセージは老化防止になりますとききましたので
早速セージのハーブを購入しました
それと
セージのフラワーウオータも注文して使ってみました。
ウオーターは外出ときに胸のあたりにシューシューとふりかけます。
最近風邪が流行っているので、殺菌よけになるセージウオーター
化粧水にもなるので手や顔につけます。

このセージは日本名は薬用サルビアといいます。
先ずセージを老化防止のために購入しましたが、その他に
鎮静効果 いらいら、不安、不眠に効果ある。
口内炎にも良い効果があるそうです。
クラジ セージも神経安定にもなる。
老化防止にはセージのハーブティを飲むと良い、ブレンドして
みました。

セージのブレンドにはいろいろあります
老化防止には セージ+ローズマリー
悲しいとき    セージ+ジャーマンカモミール
生理痛      セージ+ジャーマンカモミール
風邪ぽい     セージ+タイム+カモミール 、
           カモミール単独
他にもいろいろあります。 ( 検索より)

大病にならないうちに自然療法で予防すると良いとおもいます。
でもそういうことを気持ちが悪いと受け付けない人もいるそうです。
その気持ちは分かりますが、あまりやりすぎてもどうかと思いますが
ハーブティなどの現代研究を理解することも大切なように思われます。

PageTop

花治療


ある宗教雑誌をみました。
信仰しているわけではないのですが本を毎月とっています。
役にたつことが一杯書かれていました。

植物が手術後の回復をお手伝いし病気の辛さを和らげる。
研究者によると術後の回復期の患者たちが植物のある病室と
ない病室に振り分けられた。

植物のある病室の患者は植物のない室の患者にくらべて、痛み
が軽く鎮痛剤の必要量がかなり少なく、心拍数や血圧も良好だと
いいます。

昔から病気見舞いにお花を贈りますね。
人間は知らず知らずに気づいていたのでしょう。

私は不器用ですが見よう見真似でお花を生けています。
日本生け花は世界で定評がありますね。

最近よく見かけるヨーロピアンフラワーも楽しめます。
私はハーブの花が好きで効能があるとききますので
花束を作りたいと思っていましたが

花治療研究家の片桐先生の本ではどの花もパワーがあると
言います。

その人に合った花があるそうです。


フラワー療法事典―花のもつ癒しの魅力・フラワーヒーリング図鑑 (ガイアブックス)
アン マッキンタイア
産調出版
売り上げランキング: 245061
おすすめ度の平均: 5.0
5 とても良い本だと思います
5 花療法の統合


花で心を癒すフラワーセラピー
天野 剛子
誠文堂新光社
売り上げランキング: 324364
おすすめ度の平均: 4.0
5 まるで花療法の教科書のよう・・・
5 フラワーセラピーを勉強したいと思います。
5 見ているだけでも元気になれそう・・・
1 正直がっかり花のデザインが古いと思う

PageTop

サジー

tizu.jpg


最近 私は子供のころを思い出します、それは年の
せいかもしれません。
今日のことはわすれがちで、遠い昔のころははっきり
と思いだされるのです。

なんだか、怖い感じです、

私の小学生のころ、六年生のときです
その先生は教壇から、生徒の顔をみて、「あなたの先祖様は
あの国です、この国ですと、その人の顔を見て占いとは
違いますが、昔、昔の先祖様の人種をあてるのです、
中にはインド地方の人かもね、といわれたりしました。
私の番になって、あなたは、北京かそれより北の地方です。
みんなほとんど東洋系でした。
その言葉が今でも耳についています。
という訳か中国のその地方がなつかしく感じられるのです、
と言ってもどういう国か分かりません。

時々、若い中国人に出会うと楽しく話したりします。
私の子供たちも中国人に好感をもっています、

私の体の体質はやはり北京の北のほうでしょうね、
その地方の食べ物や植物はどういうものか知りたいので、
いろいろ検索してみました。

先ずジュースを調べてみました、
それは 寒い国に生えている、 オレンジ色の実で
サジーという実でジュースが通販で宣伝していました。

早速 注文しました。  サンザシのジュースより甘くはないが
良い効能があると信じて飲んでみようと思っています。
寒い季節は寒い国の物を食べるのが一番かも知れませんね
サジーは飲むと体が温まるような感じがします。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。