ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

予防しよう



お友達から電話がありその方とは昔から会話は
しない方ですが、なにかあると、協力してくださる人
なので大切な方と思っています。

その方は胃弱らしくて、胃がんになってしまったと
話されました。
ご主人も病気で寝ているとか、介護をしていたが、自分が
病気になって入院気をしたと、気を落としていました。
ストレスかもしれない。
抗がん剤をのんでいるとか、
私は飲んだあとはどうなるのか、聞いてみました。

その薬は髪の毛がぬけて、なくなるとききました。
どんなにか、ご主人のことで苦労していたのに、ご自分が
また、大変な病気になって、かわいそうで、たまりません。

普通の病気だったら、、このお茶がいいです、こういうのがいいです
と会話がすすむのに、残念でした。
日本でがんが多いと新聞などででていましたが、
そのがんにならないような予防はないものでしょうか。
いつかがん予防の食事の本を読んだけど、直ぐにでてこない
忘れてしまった。
これもボケなのかもしれない、人間の病気の種類は多いですね。

脳梗塞の予防は覚えています。
赤ワインをコーヒーに1.-2小さじでいれる。
何時飲むのが良いか、 午後3時ころが。よい


スポンサーサイト

PageTop

北斉

img579.jpg


我が家の家族はポストカードを買うのが趣味で
たくさんありますがたまりたまって古本などと一緒に
なって困っています、
私は片付けが下手なので悩んでいるのです。
見た目が汚くて、捨ててしまいたいのですが、人の
ものは捨てられないですね、
いらいらして泣きたくなります。
捨てられないということは、良い本がたくさんあるからと
思ってしまう、なお更すてられないです。

ポストカードで富士山は多いですね。

絵画は写真と違って自由ですから、描く人によって、いろいろ
ですから、また楽しみもあります。
絵を見ながら、私でもかけるかと思って描いてみると、かけない
です。
江戸時代の北斉の絵は個性的で、人目みてわかりますね。

PageTop

富士山

img575.jpg


こんなに良い時代になっても、病院は満員ですね。
昔から病を治す研究者も大勢います。
今では日本は世界一長寿国とも言われています。
そこまでいくのには、関係者,医師や研究者の努力が
あればこそではないでしょうか、
今読んでいる本は不老長寿を薬草で、という本です。
30年前の本ですが、今読んでも十分役にたちます。
良い本は何年たってもいきいきしていますね。
この本の著者は83歳で朝5時におきて富士山の、上がり坂の
彼方の畑に桜の苗木をうえることに精をこめたそうです。

そして著者は富士山周辺の薬草がどんなに、すばらしいか
を述べています。
いつも見なれた、薬草でいいのですという。
西洋薬草も学びましたが、日本国の薬草より種類が多いと
思います。
高齢になり、あれだこれだと頭はまわらなくなるので、最初に
学んだレシピーで間に合うようになる。

富士山は私も大好きです、小学時代に小さな紙に富士山を
描いていました。お友達に頼まれたりして描いていました。
写真などで、富士山を見ると、素晴らしいと、感激します。
山の本を見ると、富士山は平安時代には国際的名山になって
宗教にも発展していった。
また、中国の秦の始皇帝も関心を持ち、秦の始皇帝の命で
徐福という人が不老長寿の薬を探しに来たと記録されている。
中国にも不老長寿の薬はたくさんありますが、富士山の土壌にも
効能ある薬草が生えているのでしょう。
その草はなにか?
私は一晩考えてみたのですが、それは どくだみ かもしれない、
と思いながら、でも違うかもしれない、
どくだみは日本国産と思っていましたが、外国から入ってきたと
薬草の本に出ていました、
中国のはるか向こうからだと述べていました。


PageTop

サブリ

年齢によって視力低下する、それは誰でも
あると思います。
いつまでも健康な視力をもつにはどうしたらいいのでしょうか、
申し込んだわけではないがメールがきます。
通販のメールでとてもよいメールがきます。
アメリカの通販で
メールだけではなくて、いろいろ知識をつたえてくださるのです。
パソコンをつかっているとどうしても、目がつかれますね。
米国で行なわれている研究では、
ビタミンC、ビタミンE ルテイン、ゼアキサンチン、とるとよい。
玄米、ヨーグルト、大豆、リンゴもよい。

人間は環境の情報収集90%以上も視覚にたよっています。
米国ではサプリで補っている子供たちが多いとか、
食品+サプリということでしょう。
セアキサンチン? これは何でしょうか?

私も家族で飲んでいるものがあります。
ローズヒップ+ハイビスカスのお茶です。
このお茶は白内障によいといわれています。
ハチミツを少しいれて熱湯をそそぎます。
1リットルまでできます。
やはり、水より、熱湯のほうがよいような気がします。
さまして、冷蔵庫にいれます。

人間は80歳代になると100%白内障に大なり小なりあると
ある本にでていました。
日本は長寿国といっても、20歳代30歳代が長く続くわけではなく
高齢が長く続くわけですから、よい高齢者の生き方の研究をして
いただきたいですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。