ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

炎症

キャッツクロー

最近ひざの痛みがひどくなり、とうとう医師に見ていただくことに
なりました。
注射は直ぐには痛みがよくなるということはないですが
体全体がよくなり起きるときにすぐに起きられるのです。
はっきりとよくなったと分かりませんが、本を読んだりパソコンに
向かうことが多くなりますので、少しづつよくなったと思うのです。

ただ寝たっきりにはなりたくないです。
本をよんでると痛みによいという本に出会いまた。

その薬草はキャッツクローというハーブです。
その薬草は我が家にもありましたので早速飲用しました。
また、検索するとキャッツクローはその樹皮や根に含まれている
アルカロイドです。その効能である免疫強化作用は
WHO(世界保健機構)が薬用植物として公式に認定している。

キャッツクローの主成分の6種類のアルカイドが免疫力を正常に保ち
関節の炎症を抑える働きがあるという

今回の飲用しましたものは葉ではなくレメディなので普通のハーブティに
3滴たらしてのみました。

キャッツクローは注目されている効能の一つには消炎特性です。
この植物はペルー中央部に住むアシャニンカ 族はキャッツクローを
伝統的な利用方法として嘆息、炎症・傷の手当・関節リウマチ痛み・ガン治療
に利用されていたと記録があります。
私は検索で調べていますが、現在文明のあり難さを感じます。

拍手 有難うございました

スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。