ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夜尿  

私の知り合いの方が昔のことを話してくださいました。

弟さんが夜尿症で修学旅行へいくので心配のあまり、付き添いでいきました。
それは心配で夜も眠れなかったっそうです。

実は私の子供も小さいときおねしょをしました。
夜中に一度は起こしますが、その前に世界地図のときもありました。
私は怒ってお尻をぴちぴちたたいたときもありました。

おばあちゃんがよその人に孫がおしっこと寝言をいっていると心配そうに話しているところを見ました。

私はそれを聞いてハットしました。
子供は小さい胸を痛めていたのかと思うと親としてもう少しやりかたが
あったはづです、
寝顔を見ながら「ごめんね」といいました。
その子も今は世話のやけないおじさんです。

自然療法の本をもう一度見直しました。
著者スーサン・カーティス

夜尿     (Bed wetting)

小さいときは病気ではない
遺伝的素因もある。
ほとんどは心理的要素があるらしいのです。
でも自然と治ります。

ハーブティを飲ませる

カモミール・キャットニップ・ホーステール
を1カップを茶さじ一杯を用いて、子供に飲みやすいように少量の
そばのハチミツで甘みをつける。
1日2カップを飲むとよい。

私はそばのハチミツは鉄分やビタミンBがあるので、その種の栄養をあたえるといいのかも知れないと素人考えで思います


その他に ドイツの自然療法で ホメオパシー療法
夜尿によく効く薬は多い
長く続いている場合は専門家に聞く
日本では銀座にあると聞いています。
ドイツでは健康保険がきく。

バッチ・フラワー治療法 (イギリス)
恐怖や不安に効く薬を探す、子供にあっているかどうか判断する、
最近では日本でも売っている店がある。






PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

おしっこのサインと頭の発達は、ずれがあるから、叱ってはいけないと母が言っていました。弟が・・・・・。
私は、弟をよくからかって、喧嘩していましたが・・・・・。
ハーブティーですか?良さそうですね。
そばの蜂蜜もめずらしいです。
おねしょはしませんが飲んでみたいです。

embroidery  | URL | 2007年09月11日(Tue)22:33 [EDIT]


茶葉

embroideryさん
きょうだいの喧嘩はたのしい思い出になりますね。
以前私はアロマテラピーの教室に通っていましたが、ハーブティ(茶葉)の方を優先しています。
茶葉のほうはどんな方法でも害が無いからです。中には注意しなければならないものも少しあります。
そばハチミツはうつのときに良いらしいときいています
味はくせがありますが、なれると好きになります。

アロマッチ | URL | 2007年09月12日(Wed)20:29 [EDIT]


実は・・・

友人のアロマテラピーサロンが、新橋の第一ホテルにありまして、そこで請われてショップのマネージャーをしておりました。今は、もうそこにはありません。エッセンシャルオイルとハーブの販売、トリートメントサロンの管理。病院へのアロマテラピストの派遣のハンドリングなどをしていました。私自身は、あまり興味がなくもったいなかったかしら・・・と思っています。先日銚子に一緒にいった友人がオーナーでした。知識は、門前の小僧程度です。

embroidery  | URL | 2007年09月12日(Wed)21:40 [EDIT]


家族が健康

飛鳥時代の聖徳太子や弘法大師によって、漢方が中国から伝わり現代でも多くの人々に治療のために飲まれています。
また、日本古代からの薬草も最近見直されています。
アロマテラピーは戦後西洋から入ってきましたが、聞いてはいるが実際に接する機会が無い、心底からなじまない人々が多いと思いました。
世代交代でしょうか、若い人々が興味を持ってきていますね、
あまり、アロマに興味がなかったようですが、ご家族の皆さんが健康だったためなのです。
それは、喜ばしいことであると思います。

アロマッチ | URL | 2007年09月14日(Fri)15:34 [EDIT]


 
 

トラックバックトラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


【Joie d'une recolte】ハーブ種・カモ

700円 お問合せ下さい B・メール便(保険なし)   ★代金引換はできません。   ★配 [続きを読む]

ハーブが最高によかった / 2007年09月12日(Wed) 20:46


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。