ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

kikenn

脱法ハーブをすっては危険を訴える文章をみました。

脱法ドラックは覚醒剤や麻薬などに似た効果があり
自分がもっていたりしても処罰されないところがあり
買う側にも処罰されない安全とか、そういう思い込み
がある。
大麻や覚せい剤と同じような作用がある。
危険性のあるおそろしい薬物だそうです。
業者側は合法ハーブとして販売しているドラックでけして
適法などのものではないのです。
脱法ハーブとして呼ぶことにしている。
そのようなものの症状は、意識が朦朧として倒れたり
呼吸困難、振るえ吐き気して、興奮してわけのわからない
ことを言っては飛び出したり周囲の人をこまらせたりする。
また、死に至ることがある
このような文章を読むと一度の人生を大切に生きていただきたい
ですね。

アメリカの資料などでは、強い作用を表す、危険なドラック
なのです。
高校生や若者の大麻の乱用がさけばれています。
若者に大麻のリスクをつたえていただきたいです。

私達の飲んでいる本物のハーブを知らなければなりません。
本物のハーブを学べば明るい人生をおくれると思うのです、

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。