ハーブとアロマと癒しの日々

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

放射能

健康な食生活

突然大災害を受け戸惑う生活をすることになりました。
地震や津波、そのほかに放射能のことが心配が大きいですね

放射性物質が体内に吸収されるのを防ぐこと大切ですね。
私はくわしいことは分かりませんので検索しました。

汚されていない野菜類トマトなどの赤い野菜がお勧めだとか
放射性物質の吸収をふせぐため、カルシュームや汚されていない
野菜、くだもの、固形乳製品で選ぶ。
*野菜
キャベツ・キューリ・トマト・タマネギ・パプリカ・人参・じゃがいも
ダイコン・長豆(英語でbean)スイパ(ほうれん草ににた野菜)
グリーンピース・大豆
*くだもの
放射能とりにくいくだもの
リンゴ・アンズ・イチゴ・ラズベリー白スグリ(余り食用にはしません)
*肉
肉は塩水に酢を加え10-12時間つけておく
子供は定期的に放射性物質を体外に排出する必要がある。
普段からペクチン成分の多い食をすることを心がける。
年に一度高ビタペクチン剤を摂取する
ビタペクチンとは
ベルラード研究所の開発。 高ペクチン剤
ペクチンの多く含むリンゴしぼりかすにビタミンを加えたもの。

日本ではなかなか手にはいらないので、その代わりペクチンを多く含む
食品リンゴやオレンジのマーマレードや卵白などとるとよい。

私は毎晩リンゴをたべています。普通の生活で
夜9-10過ぎの間食はリンゴしかないと聞いていました。
リンゴのレシピに興味がありましたのでこれから、リンゴ料理を
調べれ見たいです。
20年前にメセゲさんの(ハーブ)の講義でメセゲさんは自然界には放射能
はあります、しかしあまり多すぎても人間に害があります、とのことでした。
ハーブ栽培には環境に相当気をつけているそうです。


拍手 有難うございました

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。